恋は雨上がりのように映画のキャスト&原作との比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

恋は雨上がりのようにアニメ化に引き続き
実写映画化されることが決定しましたね。

あきら役には小松菜奈さん。
店長役には大泉洋さんのダブル主演だとか。

映画は既にクランクインして2018年5月公開になるようです。

今回は他のキャストや映画と原作との比較についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク


映画の詳細

公開予定日:2018年5月 日

配給:東宝

●スタッフ

監督:永井聡

他監督作品:「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」など

脚本:坂口理子

他脚本作品:「かぐや姫の物語」「メアリと魔女の花」など

主題歌:未発表

原作を読んでない方向けの情報

原作漫画を読んでなく、どんな作品なのかを
知りたいと思っている方もいると思うので、
恋は雨上がりのようにがどんな漫画なのか
簡単に紹介します。

原作を読んでいる方、映画化の詳細が知りたい方は
以下『キャスト』からご覧ください。

→ こちらをクリックすると移動します。

あらすじ(若干ネタバレ注意)

高校2年生、陸上部のエース
橘あきらは、ある出来事をキッカケに
ファミリーレストラン「ガーデン」でアルバイトすることに。

そして、ガーデンの店長の
近藤正巳に恋心を抱く。

近藤は45歳。
バツイチで子供もいる。
万年店長で出世も期待できない
冴えない中年。

頭には10円ハゲも・・・

一方のあきらは17歳。
感情を上手く表現することが苦手で
いつも睨んだような顔をしている。

あきらの一途な恋の告白に
冗談だと最初は相手にしなかった店長だが
次第にあきらの思いが通じていき、

28歳の年の差カップルは
その距離をだんだんと縮めて行く。

見どころ

物語の見どころは、何と言っても
胸がキュンとなるような展開でしょう。

純粋に好きと言う気持ちを
うまく伝えられない主人公のあきら。

既に異性を好きになるなんてことを
忘れてしまっている近藤店長。

この二人が互いを思いやりながら
少しづつ距離感を縮めて行く様子を
絶妙な絵のタッチや行間を想像させるセリフの言い回しで
独特の時間の流れとして感じることが出来るでしょう。

読みながら思わず胸がキュンとなってしまう、
そんな甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれる
漫画だと思います。

原作者眉月じゅん

原作の眉月じゅんさんですが
連載が始まった頃は男じゃないのか?
みたいな噂も囁かれたくらいで、

なかなかその全体像ははっきりせず
ベールに包まれた感じのする作者さんです。

映画化では公開初日なんかで舞台挨拶とかもあって
眉月さんが登場するかもしれませんね!
竹内結子似の眉月さんを見れる時がついに来そうです^^

受賞履歴・発行部数

  • マンガ大賞2016年7位
  • このマンガがすごい!2016オトコ編4位

コミック発行部数は175万部(2017年11月時点)

スポンサーリンク


キャスト

橘あきら

小松菜奈

小松菜奈

近藤正巳

大泉洋

大泉洋

喜屋武はるか

未発表

西田ユイ

未発表

加瀬亮介

未発表

吉澤タカシ

未発表

倉田みずき

未発表

九条ちひろ

未発表

山本先輩

未発表

町田すい

未発表

勇斗

未発表

勇斗の母(みどり)

未発表

喜屋武翔太

未発表

久保さん

未発表

大塚

未発表

諸星先生

未発表

加瀬珠子

未発表

楠先生

未発表

古本屋のおじさん

未発表

西田マイ

未発表

ともえ(あきらの伯母)

未発表

三笠正志

未発表

あきらの母

未発表

原作との比較

このサイトを見てくださってるのは、原作のファンの方が多いと思います。
そして、原作ファンが一番気になるのは、おそらく

  • 映画が原作のどの辺りまで進むのか

ではないかと思います。

この点を中心に原作と映画の比較をしてみます。

映画は原作のどの辺りまで進む?

映画の詳細な情報が出て来たらまた考察を付け加える予定です。

まずは原作の流れを確認しておきましょう。

  • ガーデンでバイトするあきらは店長が好き
  • しかしその店長はバツイチで子持ち
  • 店長のシャツの臭いをかぐあきら
  • 客のスマホを走って届けケガが悪化
  • 見舞いにきた店長に告白
  • 雨の中、再度告白
  • あきらのケガが明らかに(~1巻
  • 返事を迫って何故かデートすることに
  • 店長とのことを加瀬に知られる
  • 内緒にするのと引き換えに加瀬とデート
  • 店長とのデートは加瀬と同じコース
  • 勇斗がハムスターを持ってくる
  • 店長のアパートに行くがちょっとトラブる(~2巻
  • はるかとあまり話さなくなる
  • ムキ彦が二人の中をつなぐ
  • あきらは夏休みの補習で羅生門
  • 近藤が小説に詳しいことを知る
  • 近藤はあきらの気持ちを受け入れられず葛藤(~3巻
  • アパートで抱き合う二人
  • ユイは吉澤のことが気になる
  • あきらとはるかは夏祭りでケンカする
  • 九条ちひろの登場で近藤の過去が少し明らかに(~4巻
  • 加瀬に血の繋がらない姉珠子がいた
  • 植物園で偶然出くわし珠子の存在を知るあきら
  • 古本市に行って近藤の一面を知るあきら
  • 倉田みずきがガーデンであきらに気づく(~5巻
  • クリスマスに向けマフラーを編むことに
  • みどり(近藤の前妻)と偶然出会うあきら
  • 倉田みずきがあきらに復帰を迫る
  • はるかは近藤の人となりを知る
  • あきらは陸上のことを思い出さないようにバイトに(~6巻
  • 九条ちひろが近藤の様子を探る
  • ともえ登場。あきらは母の想いを再確認する
  • 勇斗の誕生日をやることに
  • ちひろの小説が映画化
  • 誕生日のお礼に海の公園に
  • 山本先輩がはるかに告白
  • 陸上部の後輩達がガーデンに(~7巻
  • 近藤は恋わずらいで不眠に
  • 九条ちひろがあきらの存在を知る
  • はるかがガーデンに来店しあきら復帰を嘆願する
  • はるかがあきらを誘い南高に
  • 勇斗が交通事故で近藤とみどりが再会
  • ユイが吉澤に告白するもフラれる(~8巻
  • 京都の駅伝大会で倉田みずきと出くわす
  • 互いの気持ちを打ち明けられないあきらとはるか
  • マイの励ましで立ち直るユイ
  • ちひろがガーデン来店であきらと直接対決
  • 町田すいも17歳で愕然とする九条
  • 互いの誕生日を知るあきらと近藤
  • あきらはリハビリが気になりだす
  • ユイがガーデンを辞めることに
  • デリカシーの無い加瀬の発言にあきら怒りの鉄拳(~9巻

 

と言う感じでまだまだ原作は続いているわけですが・・・
映画だとおそらく100分くらいの中で話をまとめて
しかも約1ヶ月程度で撮影が終わるってことは・・・

もう脚本も出来てるってことで、どのあたりまで進むか!
ってことなんですが、町田すいの登場は微妙ですかね(^^ゞ

倉田みずきが出てくるとあきらの陸上への想いがクローズアップされて
近藤との恋バナが少し薄れちゃうんだよな~

と言う訳で、
映画では倉田みずきがちょっと顔を出すくらいのところで結末を迎える感じになるのでは!?

そう予想してみました。

で、みずきが登場するまでの間に九条ちひろの小説の映画化だったり
あきらとみどりが偶然であったりするエピソードを入れてくる感じの
オリジナルストーリーになるのかと。

とは言え基本的には原作に忠実に、ところどころでエピソードの入れ替えがある
そんな感じになるのではないかと考えてます。(希望含む)

スポンサーリンク


まとめ

原作ファンにとってみると実写化・映画化には賛否があるようですが
最近はなんとなくガヤガヤした作品が多い中、
少し落ち着いた感じの映画になるのではと期待する声も聞こえます。

芸能人や政治家の不倫事件の煽りを受けてドラマでも映画でも
不倫ネタばかりでもうお腹いっぱいな人も多いと思います。

恋は雨上がりのようには一見すると17歳女子高生と45歳オッサンのヤバい恋の話し?
って思われがちなんですが、めっちゃ純愛なんですよね。

あきらはまっすぐだし
店長は誠実だし

こういう純粋な恋愛を描いた作品ってバブルの頃のドラマ全盛期以来では
あまり見かけなかった印象もあります。

過激なドラマ・映画ばかりですからね最近は・・・

映画のロケ地とかは、やっぱり横浜だよな~
氷取沢高校とかでロケとかあるのか!?
みなとみらいは外せないよね!

まあ映画化でほんと色んな楽しみも出てきました。

映画の最新情報に関しては詳しい内容が公開され次第
順次このページでも更新して行こうと思います。

また実際映画を観たら感想など記載しようと思います。

【関連記事】
恋雨アニメ化最新情報!
→ 実写化のキャスト予想はこちら!
→ 映画化橘あきら役は?
店長役は誰になるの?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す