恋は雨上がりのように第7巻のネタバレや感想・発売日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
シーグラスのイメージ画像

恋は雨上がりのように
第7巻のあらすじや
考察、感想をまとめました。

第7巻(49話~56話)について
それぞれ別の記事で考察していますが
ここでは総括する形で
7巻としてまとめさせていただきます。

また読み進めていく中で
新しい発見があったり
話しが進んでいくことで
判明することが出てきた場合などは
随時更新していきます。

あきらは陸上復帰へ向けて
少しづつ着実に進むのか!

近藤は改めて自分の気持ちを
認識することに!?

恋は雨上がりのように7巻は
2017年3月10日(金)発売です!

恋雨無料立ち読み【3/23まで】

以下の記事はネタバレ満載になりますので
本作をご覧になってない場合はご注意ください。

スポンサーリンク


【アニメ化情報】
恋雨アニメ化情報詳細

7巻のあらすじ・ネタバレ

では、第7巻のネタバレをしていきます。
物語の軸になる部分を中心に触れて記載していきますので
もうちょっと詳しいネタバレが知りたい場合は各話のごとのベージをご覧ください。

シーグラスの画像

49話の概要

  • 他にやりたいことなんかありません
  • 近藤はあきらの言葉を思い出す
  • 突然九条ちひろがアパートに押しかけてくる
  • 九条は若い作家の作品の良さを理解できない
  • 理解出来ないことがマズいのかが近藤にはわからない
  • 正直な人生だなと九条が近藤に言う
  • 中年のおっさん二人が悶々とする

→ 第49話の感想はこちら!

50話の概要

  • あきらは陸上を忘れようとスパイクを捨てようとする
  • あきらの母親は少し残念な気持ちになる
  • 突然母親の妹ともえがやってくる
  • 温泉に行こうと言い出し3人で箱根へ
  • 子供のころの想い出話をする
  • 心配性だった母はあきらのことがいつでも心配だ
  • 母親の気持ちに気付くあきら
  • スパイクは捨てないでと母に告げる

→ 第50話の感想はこちら!

51話の概要

  • 近藤はあきらの言葉が頭から離れない
  • 11月のシフトを作ったがどう渡せばよいか悩んでいる
  • ハロウィンの季節だ
  • あまりに悩む近藤の話す話しは全くウケない
  • 何とかシフト表をあきらに渡すことは出来るが
  • 本当に伝えたいことが言えない近藤
  • そうじゃなくって!と思わずつぶやく

→ 第51話の感想はこちら!

52話の概要

  • 勇斗の誕生日が近づいていた
  • 誕生日に何かしてやれないかと悩む近藤
  • あきらが手伝うことになる
  • 二人で部屋の飾り付けをする
  • 予約したケーキを受け取りに行く
  • 近藤がドジって転びケーキが台無しに
  • 結局ケーキは手作りすることに
  • 誕生日を祝ってもらった勇斗は嬉しそう
  • 勇斗の成長に近藤は目頭を熱くする

→ 第52話の感想はこちら!

53話の概要

  • 喜屋武はるかは陸上部のキャプテンになった
  • 南高との合同練習で倉田みずきと直接対決
  • あきらは陸上をやめたのかと詰め寄るみずき
  • 返答に詰まるはるか。石井がそんなこと無いと言い返す
  • 日吉の近くのガーデンでバイトしてたと言う
  • 練習後、パーミヤンで食事をするはるか達
  • 倉田みずきはケガから復帰後タイムが伸びてると石井が言う
  • はるかはあきらが走りたいと思っていると信じている
  • 小学生の頃の回想シーン
  • あきらの足はずば抜けて速かった
  • 何でどんどん走っちゃうのと問いかけるはるか
  • 耳が風の音でいっぱいになって空にとけているみたいになるの
  • 幼いあきらはそう答えた

→ 第53話の感想はこちら!

54話の概要

  • 九条ちひろの波の窓辺が映画化されることに
  • 近藤が祝の電話を入れるとちひろは機嫌が良くない
  • 文学は毒だ!こんなの駄作だ!と言うちひろ
  • 近藤は勇斗の誕生日の俺をしたいとあきらに言う
  • あきらは海の公園に行きたいと
  • 浜辺であきらと勇斗がはしゃいでいる
  • 近藤は学生の頃を思い出している
  • あきらはランニングしている人に気を取られる
  • 勇斗が流木なんかを拾ってきた
  • あきらはシーグラスを拾う
  • 老いて行く自分を嘆く近藤
  • あきらが拾ったシーグラスを持って帰っている

→ 第54話の感想はこちら!

55話の概要

  • 元サッカー部のイケメン山本先輩がはるかを呼び出す
  • はるかはグランドの件だなと思い待ち合わせ場所へ
  • 山本があきらの話をし始める
  • はるかは山本があきらを狙っていると感じる
  • 翔太が倉田みずきは速いのかと問いかける
  • あきらが早く復帰すればいいのにと言う
  • はるかは簡単に言うなと翔太を制する
  • 放課後の図書館で宿題をするはるか
  • そこへ山本がやってくる
  • 先輩が気になっているあきらの話しかと言うはるか
  • はるかが勘違いしていることに愕然とする山本
  • ケガをした選手の持論を唱える山本
  • 俺が気になっているのは喜屋武はるかだから
  • いきなりの告白にはるかの胸ははち切れそうになる

→ 第55話の感想はこちら!

56話の概要

  • あきらが拾ったシーグラスを手にする近藤
  • あきらの笑顔を思い出し微笑む
  • あきらがやってくる。外は雨が降っている
  • 接客するあきらを目で追う近藤
  • 突然あきらの表情が固まる
  • 陸上部の後輩が来店した
  • 激しく動揺するあきら
  • テーブルの担当を代わると近藤が言う
  • 救われたような表情をするあきら
  • その様子をみて近藤が思う
  • 俺は橘さんのことが好きなんだ・・・
  • 雨が激しさを増していく

→ 第56話の感想はこちら!

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように第7巻の感想

恋雨7巻の感想について、以下の3点について触れてみようと思います。

  • あきらは陸上復帰で確定
  • なかなか進まない話し
  • 近藤が自分の気持ちを認識

あきらは陸上復帰で確定

6巻から引き続き、あきらの陸上復帰を
確実にするためのエピソードが
続けられますね。

スパイクを捨てようと一度は決めたものの
母親の気持ちを察して
捨てるのをやめました。

勇斗と浜辺で遊んでいても
ランニングしている人に
注意が向きます。

幼いころからの
あきらの速さを物語るエピソードが
展開されます。

8巻ではあきらが最後の一歩を踏み出す
あきらの背中を押す出来事が
予想されますね。

そして具体的に復帰に向けて
動き出す!?かも・・・

なかなか進まない話し

7巻ではユイも吉澤も加瀬も出て来ません(^^ゞ
恋雨のサブストーリーを飾る
大事なメンバー達ですが。

ユイと一緒にマフラーを編み始めたのに
その後どうなったのか・・・

まだ、クリスマスになってません。
加瀬なんて何してるんでしょう?

そうこうしているうちに
突然はるかに告白する山本先輩!

山本先輩なんて、これまでの話しに
ほとんど関わってないのに
いきなり親友である大事なキャラに
告白か!

あきらと店長の恋の話しが
なかなか進まないことに
少し苛立つ読者もちらほら・・・

近藤が自分の気持ちを認識

これまで実はハッキリしてこなかった
近藤のあきらに対する気持ち。

抱きしめたときも友達としてのハグ、
と言ったり、何だか中途半端な
態度を取ってばかりでした。

しかし7巻では近藤は自分の気持ちに
気付くことになります。

橘さんのことが好きなんだと。

今更か、とも思われますが
これは大きな一歩で
この先の物語の内容に
大きく影響を及ぼすことになるでしょう。

一方でちひろの作品が映画化されたり
オジサンの小説話しも
少しづつ動いています。

近藤は相変わらず小説を書き続けて
いるようなので
これらは近藤の小説が注目される
伏線になっている可能性が!

近藤が小説で成功すると
また二人の恋に
新しい障害となって
立ちはだかる可能性も!

やはりオッサンたちからも
目が離せない展開になりそうですね。

スポンサーリンク


まとめ

6巻から7巻にかけて
あきらの陸上復帰へむけて
話しが進んで行きます。

重要な所なので時間が掛かると思いますが
読者が思う以上に作者の眉月さん
大切に描きたいんだと感じます。

また、週スピを隔週で楽しみに
読んでいるとなかなか見落として
しまいそうになるんですが、

近藤店長のあきらへの思い。
好きなんだと認識させる伏線が
要所要所で見受けられます。

あきらが拾ったシーグラスを
実は大切に持ち帰っていたりして

男だったら何となくその気持ちが
わかりませんか(笑)

眉月さん女性のはずなのに
そんな男の心理描写も絶妙で
読み直してみるとホント感心させられます。

話しがどのような結末に向かって
最後はどうなるのか・・・

まだ早いのかもしれないけど
7巻の店長の気付きが
今後の話を大きく揺さぶりそうです。

7巻の発売は2017年3月10日(金)

先の話しが待ちきれない人は
週スピ読んで先行するのも
よいでしょう^^

→ 第8巻のも覗いてみる(7月12日発売)

← 第6巻を読みなおしてみる

【アニメ化情報】
恋雨アニメ化詳細はこちら

アニメは2018年1月フジテレビ『ノイタミナ』枠で放送開始!

※電子書籍は安い!
単行本購入なら電子書籍がオススメです。
書店やAmazonでは596円(税込み)ですが

電子書籍の本屋さん
なら540円で購入できます!

56円も安いんです!
7巻までのまとめ買いだと
392円もお得!



イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan
ならポイントも貯めて更に安く
購入も可能です!
(無料立ち読み有り)

 

各巻へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す