恋は雨上がりのように第6巻のネタバレや感想など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

恋は雨上がりのように第6巻のあらすじ、考察、感想をまとめました。
第6巻(41話~48話)についてはそれぞれ別の記事で考察や感想がありますが
ここでは総括する形で6巻としてまとめさせていただきます。

また読み進めていく中で新しい発見があったり
話しが進んでいくことで判明することが出てきた場合などは
随時更新していきます。

あきらの周囲が何やらバタバタ騒がしい。
みずきが登場して以来、あきらの気持ちが揺れ動いている。
そして、あきらが本当に望んでいるのは・・・

恋は雨上がりのように6巻の発売日は2016年10月12日(水)予定です。
以下の記事はネタバレ満載になりますので

本作をご覧になってない場合はご注意ください。

恋雨無料立ち読み【3/23まで】

スポンサーリンク


6巻のあらすじ・ネタバレ

では、第6巻のネタバレをしていきます。
物語の軸になる部分を中心に触れて記載していきますので
もうちょっと詳しいネタバレが知りたい場合は各話のごとのベージをご覧ください。

41話の概要

  • アキレス腱を痛めた時の夢を見て目覚めるあきら
  • 倉田みずきの登場に動揺が隠せない
  • 教室に傘を忘れてしまう
  • 雨に降られ帰るところで声をかけたのは近藤だった
  • 店に戻りホットコーヒーを出してくれる
  • コーヒーフレッシュを出す手品をやる近藤
  • 近藤の優しさであきらが少し笑顔を取り戻す

→ 第41話の感想・詳細はこちら!

42話の概要

  • 久保さんがカレンダーをめくった。10月だ。
  • ユイ吉澤に”胸がときめくもの”を聞いている
  • ユイはあきらにマフラーを編まないかと誘う
  • あきらも編みたいと言う
  • 吉澤の前では内緒だよとユイが言う・・・
  • 手芸屋で毛糸を選ぶ二人
  • ユイは黄色、あきらはロイヤルブルーの毛糸を選ぶ
  • あきらがどうして相手(近藤)の事を好きになったか話す

→ 第42話の感想・詳細はこちら!

43話の概要

  • マフラーを編んでいると毛糸を落としてしまうあきら
  • それを拾ったのは喜屋武はるかだった
  • 編み物なら得意だからいつでも聞いてとはるかが言う
  • 電車の中でも編み物を続けるあきら
  • しかし難しくて上手く行かない
  • 見知らぬ女性が編み方を教えてくれる
  • 昔、好きな人にマフラーを編んであげたと言う女性
  • 日吉で電車を降りた女性が電話をしていた相手は勇斗だった

→ 第43話の感想・詳細はこちら!

44話の概要

  • キングオブ脇役、吉澤フィーチャーの話し
  • 雰囲気を読めない吉澤はだいぶ成長してきた
  • ユイはマフラーを編んでいるのを迂闊にも吉澤に知られる
  • 編み物の達人を紹介すると吉澤はおばあちゃんの家にユイを連れていく
  • 好きな人の話しをして、ユイの気持ちを感じ始める吉澤・・・

→ 第44話の感想・詳細はこちら!

45話の概要

  • 1年前の競技場でみずきはあきらの走りを見て驚愕する
  • あきらのことが頭から離れないみずきははるかの弟の翔太のとこへ
  • あきらがアキレス腱のケガをして走ってないことを知る
  • みずきはあきらに会いに行き、何故走らないのかと詰め寄る
  • 自分もアキレス腱のケガをしたことを告白する

→ 第45話の感想・詳細はこちら!

46話の概要

  • みずきのことが気になるあきらははるかのところへ
  • 転校生であきらの記録はまだ抜いてないことを知る
  • ガーデンでお客さんが忘れ物をしたことに気付くあきら
  • もう走らなくてもいいんだよ、と近藤が言いドキッとする
  • みずきの言葉が頭から離れないあきら・・・

→ 第46話の感想・詳細はこちら!

47話の概要

  • スポーツ店にきていたはるかは偶然、近藤親子と出くわす
  • 勇斗の靴選びを少しアドバイスしてあげるはるか
  • 近藤に対していきなり結婚されてるんですか?と問う
  • バツイチだと答える近藤
  • 買い物を終えて帰るはるかを親子が追いかけてくる
  • レジで落としたキーホルダーを渡すためだった
  • アキレス腱を痛めると競技が出来なくなるのかと近藤が尋ねる
  • そんなことはないとはるかは答えた

→ 第47話の感想・詳細はこちら!

48話の概要

  • 諸星整骨院に通院しにきたあきら
  • ケガの具合は順調のようだ
  • バイトのシフトを少し多めに希望を出すあきら
  • 近藤は本社への出張でバタバタしている
  • デスクに大事なファイルがあることに気付くあきら
  • 追いかけて店長を発見するも、走らなかった
  • 出張から帰った近藤は、こんなにバイトの予定を入れていいのかと聞く
  • 他にやりたいことないからいいんだと強く言うあきら・・・

→ 第48話の感想・詳細はこちら!

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように第6巻の感想

恋雨6巻の感想について、以下の5点について触れてみようと思います。

  • 倉田みずきの正体
  • もう一つの恋が始まる
  • 恋の話しと陸上の話しが同時進行
  • 近藤の優しさが際立つ
  • あきらの本当の気持ちは陸上!?

倉田みずきの正体

5巻の最後で登場した倉田みずき。
彼女がどんな存在なのか、その正体が明らかになりました。

転校生なのは何となくわかっていたものの
まさかみずきもアキレス腱断裂をやっていたとは・・・

しかもみずきはケガを克服して競技に復帰して
新人戦200mの記録保持者。

あきらの走りを目の当たりにして
一気にあきらに憧れを抱いていた彼女。

そんな彼女にしてみたら、同じケガをして
もう走らなくなってしまったあきらを
不甲斐ないと感じ「なんで走らないんだ!」
と言う気持ちはわからんでもないですね。

若いですしね~

敵か味方か!?

そう言う感じの登場だったんですが、
結局はあきらの心の奥にあった陸上への想いを
再燃させるキッカケに!

今後はあきらとみずきの陸上での直接対決!
速いのは私よ!
スポ根マンガに大変身~♪

って、それは望んでいませんけど(^^ゞ

もう一つの恋が始まる

ユイが本格的に吉澤に向けて動き出しました!

この恋は上手く行って欲しいな~
もう全面的に応援です!

多分、恋雨を読んでいる人の中でも
この二人には上手くいって欲しいと思っている人は
とっても多いんじゃないかと思うんです。

吉澤もバイトを始めてから、段々と成長して
だいぶ雰囲気がよめる男になってきたみたいだし
ユイの気持ちを聞いてドキドキとしてるようだし!

とにかくユイと吉澤はハッピーな形になるよう
応援して行きましょう~ね~(^o^)/

恋の話しと陸上の話しが同時進行

ユイと吉澤の恋話が進行しつつ
あきらと近藤の恋の行方も少しづつだけど動いてますね。

倉田みずきの登場で動揺を隠せないあきらを
ホッと一息つかせてあげたのは近藤でした。

ユイとの会話の中でも
近藤のことを好きになって良かったと言ってます。

親友としてあきらを心配しているはるかも
近藤に会ったことで、悪い人ではなさそうだと感じます。

近藤へのクリスマスプレゼントのマフラーも
順調に仕上がっているみたいですし。

二人の仲はいい方向に向かって行く材料が結構あって
そのまま進んで行けば・・・

とも思うんですが、ところどころでみずきが登場して
陸上のことを思い出し・・・

あきらは陸上への想いを断ち切るために
バイトに多めに入ろうとしたりしますが
結局はそれは本心とは裏腹な行動だったり。

それぞれの登場人物になって考えると
読み返す度に何か発見がありそうな
そんな感じがしてます。

近藤の優しさが際立つ

近藤は夢破れ、挫折を味わった経験があります。
そして一度は何もかも無くしてしまっています。

その辛さを知っているので
恋とかそう言うの以前に
あきらには陸上を諦めて欲しくないんでしょうね。

はるかがアキレス腱をケガしても競技復帰は可能だと言うと
嬉しそうに微笑んでました。

あきらが悩んでいる時は、そっと気持ちを和ませてくれ
陸上を諦めなくてもいいんだとわかると
何気なくバイトばかりでなくていいんだよと言ってみたり。

いろんな見方があるかもしれませんが
これは近藤の優しさですよね。
大人の男性としては、とても紳士的でしょう。

相手が女子高生だと考えたら尚更です。
(変な気持ちが自分の中にあることが、やはり恥ずかしい・・・)

僕は近藤のようにはなれないわ~(^^ゞ

あきらの本当の気持ちは陸上!?

あきらは走りたいんですね!
もうこれは紛れも無い感じではないでしょうか。

以前、図書館に行った時に借りた本も
陸上の写真集でした。

近藤に言わせりゃ、本が呼んでるってことなのかも。

48話で言った
「他にやりたいことなんて、ありません」

これが全てを物語っています。
あきらは走りたいと思っている自分を
認めたくないんでしょう。

認めたくない部分に触れられたので
語気を強めてロッカーを叩きながら
思わず口にしてしまったんでしょう。

「私は走りたいんです!」

そう言っているようなものです(^^ゞ

もう陸上は諦めて、近藤との恋に
まっすぐ進もうと決心したはずなのに
いつもどこかで走りたいと感じていたのかもしれません。

みずきと言うライバルも出てきた訳だし
7巻からは本格的な陸上マンガになってたりして・・・

ん~
でも、あきらの本当の気持ちがわかったから
それを大事にしながら、今後の展開を見守りたいなと。

何となく近藤的境地からのコメントとして
まとめておこうかな(笑)

まとめ

この第6巻では、とにかくあきらの周囲がザワつきます。
倉田みずきに始まって、喜屋武はるかでしょ。
ユイがマフラーの話しをしたと思ったら
近藤の前妻が出てくるし・・・

各話で登場人物もどんどん変わって
状況もめまぐるしく変化していきますね。

ま、それだけあきらの気持ちが
揺さぶられる出来事があったってことなんでしょうか。

マフラーを編み始めて、クリスマスに向けて
恋の話しが全開になるかと思いきや
結局あきらは陸上を諦めきれてなかったことが
明らかになり・・・

近藤が、どんな感じであきらに接して行くのか。
まだ早いかもだけど、どんな形であきらが陸上に復活して行くのか!

今後の展開からますます目が離せません!
49話以降、第7巻が早く読みたい^^

→ 第7巻のも覗いてみる2017年3月10日発売予定

← 第5巻を読みなおしてみる

各話・各巻へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す