恋は雨上がりのように(2巻)ネタバレ考察・感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

恋は雨上がりのように第2巻のあらすじや伏線、考察、感想をまとめました。
第2巻(9話16話)についてはそれぞれ別の記事で考察や感想がありますが
ここでは総括する形で2巻としてまとめさせていただきます。

また、本を読み進めていく中で新しい発見があったり
話しが進んでいくことで判明することが出てきた場合などは
随時更新していきます。

ネタバレ満載の記事になりますので
本作を見てらっしゃらない場合はご注意ください。

恋雨無料立ち読み【3/23まで】

スポンサーリンク


2巻のあらすじ・ネタバレ

では、第2巻のネタバレをしていきます。
物語の軸になる部分を中心に触れて記載していきますので
もうちょっと詳しいネタバレが知りたい場合は各話のごとのベージをご覧ください。

9話の概要

制服の女子学生の様子

  • あきらの告白を受けた近藤は、あきらのことを真剣に考えはじめる
  • でも、まさか本当のことではなくドッキリだったと思い込む
  • しかし、あきらが再度気持ちを伝える
  • 自分もちゃんと意思表示しなくてはと思いあきらを車で送っていくが・・・

→ 第9話の感想・詳細はこちら!

10話の概要

あきらと店長が立ち寄った中原公園の様子

  • 近藤はあきらに返事は出来ないと伝える
  • あきらは好きなことに理由などいらないと納得しない
  • こんなおっさんとデートとかしたら気持ち悪いよと言う
  • 逆にあきらはデートしてくれるんですか?と詰め寄るが・・・

→ 第10話の感想・詳細はこちら!

11話の概要

あきらのスケジュール帳

  • 何となく押し切られた感じでデートの約束をした二人
  • あきらは嬉しさのあまり、何もかもが手につかなくなる
  • 前髪が気になって自分で切るも、失敗してしまう
  • 現国の教科書に店長との相合傘の落書きをしてしまうが・・・

→ 第11話の感想・詳細はこちら!

12話の概要

加瀬が通う早稲田大学のキャンパス

  • 彼女にふられた加瀬が次のターゲットをあきらにしようと考えている
  • あきらの気をひこうとするが、あきらは全く興味を示さない
  • 加瀬はあきらの現国の教科書に相合傘が書いてあるのを発見する
  • あきらは加瀬に黙っていてくれとお願いするが・・・

→ 第12話の感想・詳細はこちら!

13話の概要

映画館のチケット売り場の様子

  • 加瀬は秘密を話さない代わりにあきらにデートを強要する
  • どうして店長なんかの事が好きなのか聞き出そうとする加瀬
  • どうせ上手く行かないからとあきらに告げる加瀬が別れ際に・・・

→ 第13話の感想・詳細はこちら!

14話の概要

横浜山下公園の景色

  • 近藤とのデート当日、行き先は加瀬と行ったのと同じ映画、同じ喫茶店
  • しかし、オシャレをしてきたあきらはとても楽しい時間を過ごす
  • 一方近藤は、やはり楽しくなかったかなと考えている
  • 別れ際、こらえられない気持ちを伝えるため、あきらがとった行動は!

→ 第14話の感想・詳細はこちら!

15話の概要

前髪を切っている様子

  • 吉澤によるスピンオフ回
  • 憎めない性格のポジティブ男、吉澤からみる恋雨が展開される
  • 夏休みにバイトでなんとかあきらとの距離を縮めたいと思っている
  • 現国の補習だけは避けたい吉澤だったが・・・

→ 第15話の感想・詳細はこちら!

16話の概要

あきらが作ったオムライスの写真

  • 勇斗を近藤の自宅まで送っていくことになったあきら
  • 近藤の自宅に初めて入る
  • ふすまの隙間から近藤の書斎を発見する
  • 突然、近藤が帰ってきて、押し入れの中に隠れたあきらは・・・

→ 第16話の感想・詳細はこちら!

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように第2巻の感想

1巻ではあきらの近藤への思いが最終的にわかりましたね。
この2巻ではそれを受けた近藤の行動がポイントになります。

近藤はあきらの気持ちには答えられないと言います。
周囲の目があるから17歳と45歳では問題があると。

好きなことに理由などないと言うあきらに対して
この歳の差では理由は必要だと言う。

これは正論のような気がします。
確かに好きだと言うことに理由などいらない気もしますが
どうして近藤の事が好きなのか、具体的な理由は明らかになっていません。

また近藤があきらの気持ちを受け入れられないのは
自分自身が傷つきたくないからでした。
これも非常に共感できる気持ちです。

近藤が何故離婚してバツイチなのかわかりませんが
これまで様々な出来事で傷ついてきたでしょう。

あきらの気持ちは嬉しいんだと思いますが
それ以上に自分が大事なんだと考えているようです。

その辺は同じ年代の男として、ほんとに共感できる部分が多く
また近藤がとても真摯にあきらに向き合っている様子がわかるので
ほんとに応援したくなります。

あきらは純粋な思いを持ちながらキラキラしているので
こちらも頑張って!と声をかけたい気持ちになります。

この先の二人の進む道が気になって仕方ありません。

→ 第3巻のも覗いてみる(ネタバレ有り)

← 第1巻を読みなおしてみる

各話・各巻へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す