恋は雨上がりのように62話ネタバレ感想 コーヒーいれ直しますね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あきらはるかに誘われて
南高校に行って初めて
みずきの走りを見ましたね!

まったく表情を変えなかったあきらは
一体何を思ったんでしょうか。

一方でみずきは憧れのあきらに見られてることに気付き
緊張してしまうと言うちょっと可愛らしい一面が見られました。

さて今回は久々にあの人が再登場!
えっ!ケガは大丈夫なのか!?

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

前回の話しを見てみる(恋雨61話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように62話あらすじ・ネタバレ

デスクに置かれたコーヒーの様子

あきらはガーデンの店先の掃除をしている。
ふと見上げると雲が広がってきている。
『雨、降りそう・・・』
あきらがそう思っていると、ユイが休憩行ってきて~
と声をかけてきた。

事務所に入るあきら。

あきら

お疲れ様です。

近藤はメガネをかけてパソコンに向かっていた。

近藤

おつかれ。

入ってきたあきらに声をかけるが
あきらがコーヒーを2つ持っているのに気付き
二度見する。

あきらがコーヒーを乗せたトレーを差し出す。

近藤

あっ。ありがとう!

そう言ってコーヒーフレッシュの乗った方の
皿を手にするが、

近藤

おっと・・・
ミルク付きは橘さんのだったね。
もう覚えたからね。

うん、うまい。
ありがとう。

あきらも席に座りミルク注ぎ口を
パキっと折りながら近藤の様子を見ている。

すると近藤の携帯が鳴り出した。

近藤

もしもし。
え!?
どこの病院!?
わかったすぐ行く!!

近藤は慌てて席を立ちながら
鍵、鍵と言って車のカギを手にする。

近藤

橘さん!
俺ちょっと病院に・・・
久保さんにそう伝えて!
後で連絡するっ!

そう言うと近藤はふと我に返る。

近藤

勇斗が・・・
交通事故に・・・
病院から電話するから!

そう言って近藤は事務所を飛び出して行く。

あきら

あっ店長!
雨が降りそうなので・・・
カサ・・・

あきらはロッカーから傘を出して渡そうとするも
近藤は既に車を出して行ってしまった。

近藤のデスクにはあきらが入れたコーヒーが
そのまま置いてある。

 

場面は救急病院に。

近藤

軽いねんざ!?

包帯が巻かれた勇斗の足を見て
勇斗の無事な姿と大したことない怪我の様子を聞いて
近藤は安堵からヘナヘナになり膝をつく。

近藤

よかった・・・

みどり

まーーったくもう!!
どんだけ心配したと思ってるの!!
ちゃんと周りを見て走りなさい!!

勇斗の母が激しい剣幕で
勇斗に言う。

近藤

車とぶつかったって・・・

みどり

自転車と自転車!
勇斗が急に飛び出したらしいの!
気をつけなさい!!

女子高生

あのぅ・・・・・
すみません・・・
もっと早くブレーキ踏んでたら・・・

みどり

こちらこそすみません~~!

女子高生

でも・・・

みどり

あなたにケガがなくて良かったわ!!

みどりは物凄い勢いで
頭をさげて謝っている。

近藤

お前、走ってたのか。

勇斗

うん!
ぼく最近すっごい足速くなった気がする!
って言うかなった!!

近藤

だからってケガしちゃあつまらんだろう。
気をつけなさい。

勇斗

あと何日したら走っていいのかな~っ♪

話を聞いていない息子に
近藤は少し呆れる。

看護師が松葉杖を持ってくるので
もう少し待つように言われる。
近藤とみどりは女子高生に再び頭を下げる。

外は雨が降り出した。

みどり

久しぶりね。

近藤

大したことなくて良かったよ。

みどり

本当・・・
仕事中に呼び出して悪かったわね。
あ、あとこないだの勇斗の誕生日もありがとう。
どうしても仕事休めなくて・・・

近藤

あぁ、全然。
君も忙しいだろ。
それに、俺だって勇斗の親なんだからさ。

みどり

ありがとう。
じゃあ、後は私だけで大丈夫だから。
仕事戻って。

近藤

え、大丈夫か?

みどり

大丈夫。

近藤

いつでも何でも言ってくれよ。

みどり

わかってるって!
あなたも元気そうでよかったわ。
それじゃあ!

そう言うとみどりは背を向けて
去って行く。

 

ガーデンではあきらが心配そうに
空を見上げている。

雨が降り出したので
右足のキズがうずいているのか
少し足を気にする。

その後あきらは休憩になって
事務所でサンドイッチを食べていた。
そこに近藤の車が帰ってくる音が。

あきら

店長!

近藤

あ・・・
お騒がせしました・・・

あきら

勇斗くん大丈夫ですか?
捻挫だって久保さんから聞きましたけど・・・

近藤

うん、軽い捻挫。
飛び出して自転車とぶつかったらしい。

あきら

勇斗くん一緒じゃないんですか?

近藤の背中が少し寂しそうだ。

近藤

うん・・・
むこうの迎えが来てたから。

メガネを外しながら少しうつむく近藤。

近藤

あ・・・
いやあ、でも本当、大したことなくて良かったよ!
あいつ最近走るのにハマってるみたいで
危なっかしいったら・・・

あきら

えっ。

あきらはかなりビックリする。

近藤

え?
あ!
違う違う!
橘さんに走りを習ってるのは関係なくて!!
いや、走るの好きになったのは関係あるけど
その・・・
いつになったらまた走れるのかなーとか
言うくらい元気だし、
全然大丈夫!!
ごめん!!

あきらは少し言葉を失う。

近藤は
今日はなんか空回りしてるなと感じる。

あきらはふとデスクの上のコーヒーに気付く。
近藤がデスクに手をついて立ちすくんでいると
そっとコーヒーに手を伸ばした。

あきら

コーヒー、
冷めちゃったんで
いれ直しますね。

そう言ってあきらは振り返り
ドアの方に向かって行く。

外は雨が降り続いている。

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように62話の考察・感想

それでは62話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • あきらが近藤にコーヒーを
  • 近藤とみどりの関係
  • あきらが勇斗の母の存在を感じる

あきらが近藤にコーヒーを

あきらが近藤にコーヒーを入れてきましたね。
そう言えばこういうのは初めてかも。

でもあきらは何でコーヒーを?

近藤はあきらがブラックでは飲めないのを覚えてました!
って、もしかしてそれを確認するため?

女子ってのは恋愛中は相手の気持ちを
何らかの方法で確認したがりますよね・・・

あきらチェックだったのかな?

それにしてもガーデンのスタッフって
休憩が多いと思うのは私だけ・・・?

近藤とみどりの関係

近藤と勇斗の母親、みどりとの関係が
あんまり良くないんだなと改めて感じましたね。

まあ、もともと離婚している訳だから
いいはずが無いんだろうけど。

でも、みどりの態度を見ていると
離婚の原因は近藤の方にあって
それをまだ許せないって言うか・・・

完全に切り離してしまいたいと
みどりは思っているのかもしれません。

でも、自分も仕事があるので近くで比較的自由度のある
ファミレスの店長である近藤に
勇斗の面倒など頼らざるをえないって感じなのでしょうか。

近藤とみどりの関係は完全に冷え切っている。
そう感じられましたね。

あきらが勇斗の母の存在を感じる

雨が降り出したのは
どういう意味だったんでしょうか?

いつも大きな事件?出来事がある時は
雨が降ってました。

最初は近藤が
『今日は空回りしてるな』と感じるのが
雨によってもたらされたのかと思ったんですが

あきらが近藤にかけた一言
『勇斗くん一緒じゃないんですか?』

に対して、近藤は
『むこうの迎えが来てたから』
でした。

向こうって何だよ、向こうって!
そこは母親がって言っても良かったんじゃ?
多分あえて『むこう』がって言ったと思うんですよ。

母親の存在を気にされたくなかったし
元妻の事を言われるのはあきらだって
気分が良くないんじゃ、って思ったんだと。

でも、結果的に逆に振れたかもしれません。
あきらは勇斗の母親の存在を強く感じたと思います。

最後に、こう書かれてました。

『母、父であっても家族じゃない・・・冷めた心を暖めるのは・・・?』

また、最初のページにもありました。

『あなたの心の鉢植えに やさしく水をあげましょう』

水ってのはコーヒーのことだったのかな。

近藤の冷めた心を暖めるのは私だと。
そう言ってるんでは?

でも・・・
あきらは陸上復帰なのでは?

ん~ どうなんでしょうね。

スポンサーリンク


まとめ

突然の勇斗の交通事故で近藤はみどりと再開し
あきらはみどりの存在を強く感じることに。

  • あきらが近藤にコーヒーを入れる
  • 勇斗のケガは捻挫
  • 近藤とみどりが久々の再開
  • あきらがみどりの存在を強く感じる

いや、細かいことなんでどうでもいいっちゃぁ
いいんですけど・・・

勇斗と自転車でぶつかった女子高生のセリフ・・・

『もっと早くブレーキ踏んでたら・・・』

って、自転車でブレーキ踏むって(^^ゞ
どんな自転車なん?

いろんな人がチェックしてると思うんだけど
違和感を感じなかったのかなぁって・・・

最初、なんかそこに気を取られてしまって
話しの内容がなかなか入ってきませんでした(汗)

結構重要な話しだったと思うんだけど
少し水をさされたような・・・

ちょっとしたことなんだろうけど
せっかく話しの中に入っている時に
こういうのがあると現実に引き戻されるって言うか。

まあ、アニメ化の時はこういうのは直ってるんだろうな~

恋雨アニメ化の詳細はこちらで確認できます。

ま、そんなこんなで
次の週スピは21、22合併号らしいので
次回63話は23号から再開。
5月8日(月)ころかなぁ。

随分先だぁ。
どうしよう~(^^ゞ

→ 次回、恋雨63話

恋雨61話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ハム太郎 より:

    コーヒーの熱は、「あきらの店長への思い」だったとしたら…そう思うといつも微笑ましく読んできましたが不安になってきました。

    1. kzo より:

      ハム太郎さん、コメントありがとうございます!
      コーヒーの熱さがあきらの思いを表している!
      なるほど~確かにあきらがコーヒーを入れてくるなんて初めて見ましたしね!
      冷めちゃったけど、最後はいれ直しに行ってくれたので、また熱くなるかもです^^
      もっとあきらと店長の恋が熱くなると嬉しいですね!

コメントを残す