恋は雨上がりのように75話ネタバレ感想 言葉が、想いが降り積もる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
近藤の部屋のこたつの様子

大雪のお正月。
元旦からあきらが出かけたのは近藤のアパートだった。

[adsense]

風呂に入ってたためあきらが来たことに気が付かなかった近藤だが
ドアノブにマフラーと手紙があり、あきらが来たと判った近藤は
慌てて追いかける。

なんとかあきらに追いついて、二人でアパートの部屋に入るが・・・

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

← 前回の話しを見てみる(恋雨74話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように75話あらすじ・ネタバレ

近藤の部屋のこたつの様子

近藤のアパート

雪女が現れる。
あきらだ。

彼女は美しい反物持っている。
近藤にそれを手渡すと
自分にもなにかおくれとせがむ。

近藤は反物に代わるようなたいそうな物は持っていないと言う。

すると雪女はならばお前の心を奪おう!
と言う。

ガス台の火をつけヤカンをかける近藤。
雪女ってどんな話しだろうと思いだしていた。
部屋の方からくしゃみが聞こえた。

あきらにストーブの近くに寄りなよと声を掛ける。
電気ストーブが音をたてながらコッチを見ている。

近寄るとこたつ布団の脇に原稿用紙が置いてあるのを見つける。

ヤカンのお湯が沸いた。
近藤はコーヒーを入れてきた。
部屋の戸を足で開けると
こたつにあきらがちょこんと座っている。

コーヒーを差し出すとあきらが話しかけてきた。

「店長、小説書いてるんですか?」

いきなり言われビックリしてコーヒーを吹き出す近藤。
思いっきりむせてしまう。
原稿を出しっぱなしだったことを思い出した。

咳払いをして気持ちを落ち着かせながら
最近また書き始めてと打ち明けた。

あきらはこのところずっと書いてたかと尋ねる。
すると、書いてたかな・・・と近藤が答えた。

あきらは店長が楽しそうに見えた理由がわかって少し安心した。

近藤がこの正月もずっと小説を書いていようと決めたと話す。
おかげで部屋が散らかってしまったと言いながら照れ隠しする。

そんな時に押しかけてしまい、すみませんと言うあきらに対し
ちょうどひと息ついたところだったとフォローする近藤。

でもこんな大雪の日に、よく電車動いてたねと言う。
外はどこも積もってるんでしょ?と続ける近藤に
少し不思議そうなあきら。

ふと気がつき部屋を見渡すとテレビがないことに気づく。

近藤は少し笑い顔で「ない」と答えた。

数年前まではあったらしいが苦手でと。
ニュースはラジオがあるが、昨夜ガーデンに忘れてきたので
ニュースとか雪の状況がわからなかったらしい。

なのでこんな静かな雪の日は
まるで自分しか居ないような気分になると。

「世界に自分だけ・・・」

「そう、僕らだけ。」

そう近藤が言うとあきらは少し嬉しそうな表情をしながら紅潮する。

二人はこたつに入っていた。

あきらが雪のひはどうして静かなんだろうと尋ねる。
雪の結晶が複雑な形をしているので音が跳ね返らず
吸収されてしまうので静かになるんだと近藤が説明する。

ふと、あきらに入れたコーヒーがブラックだったことに気づく。
橘さんはブラック苦手だったよね!と言い立ち上がった近藤は
今日は雪の日特別バージョンだと言い部屋の窓ガラスを開ける。

「注目!」

そう言ってニコニコしながら手のひらを広げ見せる。
そして窓の外に手を出して何かを捕まえるような仕草をみせる。

「よっ。捕まえた!」

不思議そうなあきら。
あきらの目の前に握った手を差し出す近藤。

手を開くと、角砂糖が出てきた。
あきらは嬉しそうに礼を言う。

その表情にドキッとする近藤。

こんな静かな日だからだろうか。
普段言えないような言葉を
口にしそうになるのは。

それも雪が
吸い込んでくれるだろうか。

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように75話の考察・感想

それでは75話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • 反物はマフラー?
  • 嬉しそうなあきら
  • 近藤は何かを決心している?

反物はマフラー?

雪女が反物の代わりに心を奪おうとしました。
そんな話を思い出した近藤は
やはりマフラーから反物、雪女を連想したのでしょうか。

しかも、外は大雪だし(^^ゞ

近藤は心を奪われてると思いますよ。
奪われた結果、自身の欲望に走るんじゃなくて
近藤の場合は自分の気持に目覚めたって感じでしょうか。

小説を書き始めるという欲求に素直に答える。

一方であきらは近藤に何を求めてくるんでしょうね?
そこのところは気になりますね!

嬉しそうなあきら

近藤が没頭していたことが小説だとわかったあきら。
そして、部屋の中に二人きり。
世界の中で二人きり。

そういうワードに心震わせて
嬉しい気持ちになるあきら。

何だか久々にキュートなあきらを見ることができて
ほんと、抱きしめたいくらいの気持ちになりました!

でも・・・
我慢します(^^ゞ

近藤は何かを決心している?

前話でも近藤はもう会えないんじゃないか?
なんて言ってましたが
今回もまた普段言えないようなことが言えそうな気がするとか・・・

(必ず今夜なら言えそうな気がしたWoo♪)
クリスマスイブだな^^

何か話そう。
言おう。

そう思ってるんでしょうか?

だとしたら、ものすっごく気になりますね!
次回、また二人だけの話しが進むのか?
なんか、そうなりそうな予感。

スポンサーリンク


まとめ

近藤の部屋で元旦のひとときを過ごすあきら。
二人きりで過ごす時間は雪のため静かな別世界のようだ。

  • あきらが原稿に気づく
  • 近藤は小説を書いてると打ち明ける
  • 小説に没頭してたのかと理由がわかるあきら
  • 部屋にテレビが無いことに気づく
  • マジックで角砂糖を出す近藤
  • あきらはとても嬉しそうな顔をする
  • 近藤は何か話そうと決心する?

今回は久々、登場人物が二人だけで
なにやらほっこりする感じの話しでしたね。

近藤の部屋にはテレビが無い!
それって眉月さんとおんなじじゃん!

(眉月さんもテレビ持ってなかったんですよね)

そうか・・・
もしかすると近藤のモデルは眉月さんなんじゃ?

って思ったりしました。

次回、どんな話しになるのか?
まだ1月1日から進んでませんね(^^ゞ

近藤の誕生日は5日なので、
それまでにはまた色んなことが起きそうですね!

楽しみにしたいと思います♪

 

さて、次回76話は51号
11月20日発売かな!

本では次回は52号ってなってるけど、次の50号が休みで
次は51号じゃないと2週休みになっちゃうんだけど・・・

やはり51号は休みで来週52号、11月27日発売のようです。
映画の話しとかキャストとか詳しくわかるかも!

→ 次回、恋雨76話へ

← 恋雨74へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す