各話のネタバレ・考察

恋は雨上がりのように81話ネタバレ感想 雨やどりしてただけだよ

更新日:

「あたし、帰りたくありません!」
あきらは必死の思いを近藤にぶつけた。

でも、本当は走りたいと思っていることも口にすることができた。
近藤があきらの本心を引き出してくれたのだ。

あきらは家に帰る?近藤はどうする?
雪は雨に変わってきている。
それが暗示しているのは、果たして・・・

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

恋雨コミック無料購読方法

← 前回の話しを見てみる(恋雨80話)

スポンサーリンク

恋は雨上がりのように81話あらすじ・ネタバレ

折りたたみ傘の様子

店長の車の中

あきらは助手席に座っている。
近藤はあきらを自宅まで車で送っていた。

青信号が黄色から赤に変わり停車する。

近藤は羅生門の一節を呟く。

あきらは「羅生門・・・」と気付いた。

夏ころにやってたプリントの問題の回答、なんて書いたのと聞く近藤。

あきらは少し考え思い出して話した。

”下人の勇気が今後の彼の人生にプラスに働けばいいなぁと思います”

「げっーーー!」

いきなり近藤が声を上げるのであきらはビックリする。

近藤は渋滞に驚いてたようだ。

「いい答えだね」

そう言いながら近藤は続けた。

「勇気かぁ・・・」
「俺には結局、勇気はなかったんだな。」
「文学を捨てる勇気が・・・」

少し考えてあきらが言う。

「捨てなかった勇気、じゃないんですか?」

「橘さんのそういうところ、僕は好きだよ」

それを聞いたあきらは少し赤くなる。

「きょ、今日の店長、なんか変です」

「そう?」

近藤は視線を前に向けたままだ。

「今日のこと、俺きっと一生忘れないんだろうな」

「あたしも、あたしも忘れません!」

「えっ」

「いやぁ~橘さんは忘れるよ~」

「絶対、絶対忘れません!」

「忘れる、忘れる」

「忘れません!」
「店長こそデジャブのこと忘れてたじゃないですか!」

「デ、デジャ・・・?」

「いいんだよ」
「橘さんは忘れたっていいんだ。」

あきらは少し不思議そうな顔をしてる。
何か言いたそうだが、一度口を閉じる。

「今日の店長、やっぱり変です。」

近藤は微笑む。

あきらの自宅前

雨が降り続いている。
車を降りたあきらは運転席側に立ち近藤に礼を言う。

「あっ!ちょっと待って、渡したい物が・・・」

後部座席にから取り出した物は折りたたみ傘だった。

「勇斗のかけっこ指南のお礼」
「趣味に合うかわからないけど」
「橘さんに似合うと思って」

「ありがとうございます・・・!」
「じゃ、じゃあ店長!」
「またガーデンでっ!」

近藤は微笑みながら声を掛けた。
あきらは返す言葉がなかった。

車が走り去って行く。

回想(雨宿りした日)

近藤はスタッフルームで手品の本を読みながら練習していた。
昨日できたはずのマジックができない。

そこに久保さんがやってきた。いつまで休憩してるのかと怒っている。

近藤は久保さんに手品をやろうとするが、逆なでするかもしれないと思いとどまる。

こんな手品ができたところで、どうって訳でもないと。

久保さんは新たしいバイトはまだ決まらないのかと急かしてくる。
飲食は不人気なのかなぁと誤魔化しながら店内を見渡すとあきらが座っていた。

あきらが食事も終わって追加注文も無い。
雨宿りしてるんでしょと久保が言う。

近藤はあきらにコーヒーを差し出した。

「あの、あたしコレ頼んでませんけど・・・」

「サービスです」
「ただ雨がやむのを待ってるだけじゃつまらないでしょう」

「あ・・りがとうございます」

「あッ!もしかしてブラック苦手!?」

近藤はポケットに手を入れゴソゴソ始める。
あきらはうつむいたままだ。

すーっと空の手のひらを差し出し、握りしめた。
そしてパッと開くとコーヒーフレッシュが!

”成功した・・・”

近藤はドキドキしている。
あきらの表情が和らいだ。

「きっと、すぐやみますよ」

あきらの自宅

鍵を開け部屋にはいるとが声を掛けてきた。

「あきら!どこ行ってたのよ!」
「メッセも返さないで!」
「今はるかちゃん家に電話しようと・・・」
「あきら!」

あきらの傘の先から雨の雫がたれる。

振り返ってあきらが答えた。

「雨宿りしてただけだよ」
「もう大丈夫」

プレゼントの折りたたみ傘を抱えていた。

スポンサーリンク

恋は雨上がりのように81話の考察・感想

それでは81話の考察と感想です。
今回は以下の4つについてお話ししてみたいと思います。

  • 好きと言った!よね^^
  • 店長はあきらと出会った日に恋してた?
  • プレゼントは折りたたみ傘
  • かっこいい店長!

好きと言った!よね^^

これまで近藤があきらに対しての感情をきちんと言葉にしたことがありませんでしたよね。

あきらを意識してから何となく自分が変わってきて、そしてそれが恋心であることも理解してきたけど、それをあきらに伝えることはありませんでした。

でも今回、最終回を前にしてついに店長の気持ちが語られました。

「橘さんのそういうところ、僕は好きだよ」

好きだと、言いましたよね!言いましたよね!デートしてごらんよって言いましたよね!

少し前のあきらなら、逆にグイグイくるところかもしれませんが、気持ちが伝わったんでしょうね。

あきらは恥ずかしそうに、そして嬉しそうに「なんか変ですっ!」ってww あきらもカワイイ!

店長が『僕』と言ったのもポイントですね。僕と言う時は素の近藤って言うか、素直な気持ちで語ってる本来の近藤である証拠。

あきらもそれがわかってるだけに、嬉し恥ずかしだったのでしょう。

加えて「今日のこと一生忘れないんだろうな~」なんて、最大級の殺し文句じゃないですか!

これはあきらじゃなくっても、大人の女性でもやられちゃいますよね^^;

店長はあきらと出会った日に恋してた?

恋してたって言うと大げさかもしれませんが^^;

あの日、あの手品。

なかなか上手くいかなかった手品が、あきらにやったら出来たんですね!
そんな背景があったとは・・・

事務所で何度やっても出来なかったのに、それをお客であるあきらに対してやろうと思ったこと。
そして成功したこと。

やろうと思ったのは、もしかして店長の勇気だったのでは。

こんな手品ができたって、どうって訳では無いと言うのは下人の心境か。

しかし成功したことで、知らず知らずに店長はあきらのことを意識していたのかも。潜在意識の中で。

自分ではそれには気付いていなかったけど。

考え過ぎかな^^;

プレゼントは折りたたみ傘

いろんな憶測がありましたが、プレゼントは折りたたみ傘でした!

やっぱり傘売り場に立ち寄ったのが伏線になってたんですね。

あの時に既に買ってたのか、また別の時に買ったのかはわかりません。

勇斗のかけっこ指南のお礼だと言うが、それは取ってつけた理由なのか、それとも。

渡すことなく終わるのか、とも思ったんですが渡しましたね。

でも、あきらがまたガーデンでと言ったのに、その返事が雨の音にかき消されてました。

なんて言ったんでしょう。もしかして・・・

もう二人は会うことは無いのか・・・

かっこいい店長!

店長・・・カッコよすぎ!

これが81話を読み終えての素直な感想ですね。
やはりこのお話しはあきらの若さと不器用さに対して、近藤の優しさとかっこよさがあってこそだと感じました。

「忘れるよ、忘れる!忘れる!」

なんだかアニメのED、Aimer様のRef:rainの二番の歌詞が頭によぎってきました。

♪どこを見渡しても 通り過ぎた日々

二番は店長のことを、一番はあきらのことを歌ってるんじゃないかと感じたんですよね~♪

近藤は人生の先輩であり、様々な経験をしてきて今があります。
あきらが見ている景色は近藤は通ってきた道なので見えてるんです。

あきらはこれからまだ沢山の様々な経験をしていきます。
その中に埋もれて、自分のことなんて忘れ去られてしまうに違いない。
そうわかってるんでしょうね。

「橘さんは忘れるよ~忘れたっていいんだ」

そう。店長はあきらの想い出の中に残っておくことは望んでないんでしょうね。
むしろ、これを機にもっと飛び立って欲しい。ツバメのように。

そう願っているんじゃないでしょうか。

真剣に、そしていつになく爽やかに。
風呂上がりで整髪しておらず、前髪が下がっているので何となく若い。

眉月さんはカッコいい男を描くのが下手だって言ってましたが、内面的なカッコよさを描くのは抜群ですね!やられました。

男の僕でもやられてますから、女子にはかなり響いてるんじゃないでしょうか!

店長LOVE!

スポンサーリンク

まとめ

最終回前。今回は店長視線での物語展開だったのでしょうか。

店長のカッコよさが炸裂して、あきらは家に帰りましたね。

そして「もう大丈夫」って!

近藤の気持ちが伝わった証拠でしょうか。あきらにはもう思い残すことは無いようです。

最終回は手紙の内容がわかるのかなぁ・・・

あきらの手紙が語られながら、その後の皆の様子が描かれて雲の隙間から日差しが抜けてきて・・・

ま、それこそとりとめのない思考になりそうなので止めておきましょう(^^ゞ

 

今回、公式twitterでこんなつぶやきがありました。

https://twitter.com/ameagarinoyouni/status/969415708412006401

第1巻を読み返してからって、そういう背景があったんですね。
コーヒーフレッシュを出す手品って、たまたまあきらのときに成功してたんですね・・・

長い雨宿りでした。

『恋は雨上がりのように』ではなく
『恋は雨やどりのように』だったのかも・・・

あぁ。

こういう告知が正式に出てくるって・・・

もうオシマイなんですね、ってだんだん実感が湧いてきたっていうか、あのあきらのスッキリした最後の表情を見たら目頭が熱くなってきました。

あとはあきらの「もう大丈夫」をどう伝えてくれるのか。

最終話を正座して待ちましょう^^

 

と言うことで、最終話は16号!

予定通りなら3月19日発売ですね!
これが連載は最後です。

→ 最終話、恋雨82話

← 恋雨80へ戻る

 

【恋雨コミック無料情報】

81話が入っているコミック第10巻はU-NEXTの電子書籍サービスで無料で読めます!

31日間無料体験の期間中にもらえる600ポイントで読むことができるので無料で恋雨10巻を読むことができます。
詳しいやり方はこちら

またU-NEXTならアニメやドラマ、映画など約120,000本のタイトルが視聴できます!

さらに

大人向け動画も無料体験期間で視聴可能!

 

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク

PICK UP記事と広告

-各話のネタバレ・考察

Copyright© 恋は雨上がりのように/ネタバレ考察 , 2018 All Rights Reserved.