恋は雨上がりのように66話ネタバレ感想 前に進むしかないのだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

高校駅伝の応援で京都に訪れたあきらはるか
引率はあきらの伯母、ともえだった。

駅伝の応援に行くと偶然倉田みずきに出くわす。

はるかはあきらに陸上復帰を促して声をかけたい。
一方のあきらは、はるかの次に一言を待って・・・

結局温泉で長風呂をしてしまった二人は・・・

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

前回の話しを見てみる(恋雨65話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように66話あらすじ・ネタバレ

前に進むしかない、ランナーの様子

とうしてこんなことになってしまったのだろう。
いくら考えあぐねても『そうなってしまった』と言うほかない。

京都の二日目。女子駅伝スタートの。
あきらとはるか、そしてともえの三人はやってきた。

ともえ

本当に走るの~?
その、花の一区?と同じコースを?

はるか

うん。
来る前に言ったじゃん。
同じコース走るつもりだって。

ともえ

いやまさか、本当に走るとは・・・
ねぇ?あきら。

あきら

や、走るって言ったら絶対走るって思ってたけど・・・

ともえ

・・・マジカヨ

はるか

じゃあ昨日の第一中継所あたりで待ってて!

そう言い残すとはるかは嬉しそうに走っていった。

ともえ

走りたくなるモンなのね~わからん・・・

あきらはそんなはるかの姿を見つめていた。

喫茶店にて。
あきらはともえに貸してもらった九条ちひろの『波の窓辺』を読んでいる。

ともえ

面白い?

あきら

あ、うん。
もう半分読んじゃった。

ともえ

読みやすいでしょ。
この人の小説って色んな目線で読むことができるのよね。
過去の自分を振り返る人、今の自分を重ねる人・・・
だから読者層も幅広いんだけどさ

今高校生のあきらが感じたものと
大人になって読み返した時に感じるものはきっと違うと思うよ。

あきら

苦しさも?

ともえ

ん?

あきら

苦しかったり、辛いと感じるのも
時間が経てば変わるの?

ともえはタバコの火を消しながら言う。

ともえ

変わると思う。
今は辛いだけの気持ちも大人になると懐かしくって愛おしいものに変わるんだよ。
今はそれがわからなくても・・・

あきらは店長のことを思い出す。

あきら

大人ってみんなそう言う。

ともえは苦笑いをしながらあきらを見ている。

場面は神奈川に戻る。
ユイのマンション。雨が降っている。

ユイの姉マイがユイの部屋をノックしている。

マイ

ユイー!
こないだ貸したカバンかえして~~
ユーイー

ドアは鍵が掛かってなかった。
マイはそっとドアを開けるとユイはベッドの上で
うさぎのぬいぐるみを抱きかかえて顔を埋めている。

マイ

こないだ貸した黒のカバン返して。

ユイ

クローゼットの中・・・

マイ

なにあんた、体調不良?
お?

マイはクローゼットの中でユイのいつもの趣味と違うコートを発見する。

マイ

なにこのコート!
あんたらしくないじゃん。
今度ねーちゃんにかしてよ♪

ユイは顔を埋めたまま反応しない。

マイ

聞いてる?
感じ悪ぅ~~えーと、カバンカバン・・・
あった。

マイはクローゼットの奥にしまってある吉澤へのプレゼントのマフラーを発見し
吉澤に振られたんだと悟る。

マイ

ユイ。
ユイ!

ユイ

・・・・何。

マイ

あんたさァ、美容師になりたいんだよねぇ?

ユイ

・・・そうだけど。

マイ

だったら失恋ごときでいつまでもクヨクヨすんな!
美容室ってのはただ髪型を変えるだけの場所じゃないんだよ?
心機一転とかキレイになりたいとか元気をもらいに行く所でもあるんだよ。

その元気を作るのは私たち美容師の仕事。
どんなに辛いことがあっても、お客様を笑顔にさせるの。
今のあんたに元気を作れる?

ユイのコートを思い出す。

マイ

それから、
美容師にとって個性はすごく大事。
誰かになろうなんて思わないで。
あんたは十分魅力的なんだから。

そう言い残すとマイは部屋を出ていった。
顔を上げるユイ。
外は雨が降り続けている。

溢れてくる涙を拭うユイ。
しかし、何かを決心したようだ。
目を見開き前を見る!

場面はガーデンに変わる。

久保

西田さん、遅いわね~
遅刻よ遅刻!

久保さんが苛ついている。
キッチンで吉澤がドキッとしている。
あきらもメッセで結局既読がつかなかったと思い出す。
吉澤は何だかバツの悪い表情をしている。

ユイ

おつかれさまですっ!

ユイが現れた。
髪の毛をバッサリ切って新しいヘアピンをしている。

あきら

ユイちゃんっ。
髪・・・!

吉澤は奥でビックリしている。
久保さんはスッキリしていいじゃないと。

ユイ

ねーちゃんに切ってもらったんだー
変かな?

あきら

全然!
すっごく似合ってる!
でもどうして・・・

ユイは少し困ったような表情をしながら
あきらに手招きをする。

ユイ

あきらちゃん、ちょっと・・・

二人は倉庫の中に。

ユイ

えっとー
日曜日の告白、ふられちゃいました!
へへっ

それでまぁ、ベタに髪切ったんだけどー
美容師さんってすごいね!
本当に元気になっちゃった!

こみ上げてくる涙をおさえて拳を握るユイ。
あきらは少しせつなそうな表情だ。

ユイ

あきらちゃん。
あたし、ぜーったいに美容師になるんだ!

満面の笑みを見せるユイに驚くあきら。
でも、あきらも微笑んで答える。

あきら

うん。

あきら

そのヘアピンも似合ってるね。

ユイ

あたしっぽいでしょ

 

とうしてこんなことになってしまったのだろう。
いくら考えあぐねても『そうなってしまった』と言うほか答えはない。

前に進むしかないのだ。

ユイは思春期を駆け抜けて未来を見る。
あきらは・・・?


隣の人に気付かれる前に、ニオイケア始めませんか?
LCジャムウ・ハーバルソープ

恋は雨上がりのように66話の考察・感想

それでは66話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • はるかの長距離好き
  • 大人はみんな同じことを言う
  • ユイの決心がとても素敵だ

はるかの長距離好き

はるかは短距離よりも長距離が好きなのは
この本を読み続けているあなたならご存知の通り。

だけど、まさかあそこまで好きだとは(^^ゞ

高校女子駅伝の1区を実際に走るって。
なんかそこまで好きなんだなぁって関心しちゃった。

はるかって、そんなまっすぐなとこあったっけ?
って思っちゃうくらい、なんか嬉しそうに走って行く姿が
とても印象的でした。

はるかも前に進むしかない!のか?

しかし、はるかは安定して可愛い^^

大人はみんな同じことを言う

ともえがあきらに言ってましたね。

『今は辛いだけの気持ちも大人になると懐かしくって愛おしいものに変わるんだよ。
今はそれがわからなくても・・・』

あきらは店長にも同じようなことを言われたのを思い出して
大人はみんな同じことを言うと感じます。

でも、これ実際そうですからね。

子供のころ、思春期のころ感じていた
特に苦しみのような感情。

これは大人になると懐かしい想い出に変わっているものです。

確かにその時は苦しくて苦しくて仕方ないんです。
それもわかります。

ただ、その苦しみが一生続くわけでは無いことを知っていて欲しいですね。

管理人も大人なので、残念ながら同じことを言ってしまいます(汗)

スポンサーリンク


ユイの決心がとても素敵だ

ユイがどうしてるか心配でした!
案の定、落ち込んでました。

どんな感情でいたかまでは描かれてませんでしたが
あきらのパワーを借りて吉澤に告白するも、失敗したため
あきらに良からぬ恨み?のような物を感じなければいいなぁ
なんて思ってました。

でも、マイねえちゃんが居て良かった。

マイがユイの気持ちを察して、優しく勇気づけてくれ
一方で美容師への思いを引き合いに、気持ちを高めてくれたので
ユイは絶望のどん底から引き上がれました。

吉澤とのことが青春の1ページに変わりましたね!

マイは一体幾つなんでしょうね?
なかなかあそこまで上手い具合に女子高生の思考をプラスに持って行けるなんて
よほどの人生経験がないと・・・

いや、ユイの姉だからこそ、だったかもですね。

何だか素敵な姉妹愛を見た感じがしました。
そしてユイの決心。

少し涙ぐんでたかもしれませんけど
キラキラした目が印象的でしたね。

まとめ

吉澤にフラレて絶望のどん底にいたユイはマイの言葉で目が覚める。
また、あきらは前に進むしかないと決心する・・・?

  • はるかが女子駅伝の一区を走りに行く
  • あきらは大人はみな同じことを言うと感じる
  • ユイはフラレて絶望していた
  • マイがユイを勇気づけてくれる
  • ユイは髪を切って新しい一歩を踏み出す

 

とにかくユイが元気になって、ほんと良かったです。
マイがあんなにしっかり者だったなんて、ちょっと想定外でしたけど
ほんと、いいねえちゃんだなと思いました。

あきらは大人はみんな同じことを言うと理解して何を感じたのか。

今は苦しいと感じていても大丈夫なんだからと理解できたのか?
前に進むしかないってのは陸上に進むってこと、なんだよね・・・?

ユイの件はスッキリしたけど、あきらの動向が未だにグレーなのが少し気になる感じかな。
ひっぱり過ぎ?と感じる人も出て来そうですね。

ちょっと出てくるだけだろうと思っていたあきらの伯母のともえや
ユイの姉のマイ何かが、ここに来て登場して若い中心人物に影響を与えるように。

なんか、ともえと九条ちひろがくっついちゃうんじゃないか!?
とか、また外野の恋の行方に気が取られてしまいそうになりました(^^ゞ

【祝】恋雨アニメ化詳細情報!
次回67話は31号!
7月3日(月)発売ですかね!

→ 次回、恋雨67話へ

恋雨65話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ハム太郎 より:

    あきらが髪を切るようなことのないことを祈ってます(でもショートカットも見てみたいような…)

    1. kzo より:

      ハム太郎さん、こんにちは!
      あきらのショートカット!見てみたい気もしますね!
      でも、はるかのショートカットが続く限りあきらが髪を短くすることは無いと思ってます^^
      ・・・たぶん(^^ゞ

コメントを残す