恋は雨上がりのように65話ネタバレ感想 好きってだけじゃダメなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

学校は冬休みを前に進路の話しになっていた。
ガーデンでも進路の話題になる。

そんな中、ユイ吉澤を誘い出すことに成功し
赤レンガでデートに。

イメチェンを図ったユイにドキッとする吉澤。
あきらが選んだヘアピンの魔法が解けぬ間に告白するユイ。

その時、吉澤は・・・!

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

前回の話しを見てみる(恋雨64話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように65話あらすじ・ネタバレ

新幹線京都駅

はるか

お待たせ。

携帯を見ているあきらに声を掛けてきたのは
喜屋武はるかだった。

ともえ

おーーーっ!
ごめんごめん!
トイレ並んでた~!

あきらの伯母のともえだった。

三人が待ち合わせしていたのは新横浜駅の新幹線乗り場だ。
クリスマスイブに女三人で京都に向かっていた。
新幹線の中で早速ビールを飲むともえ。

ともえ

京都なんて久々だな~♪

はるか

急に誘っちゃってごめん・・・

あきら

ううん、大丈夫。
発想時刻は何時なの?

携帯で確認するはるか。
全国高等学校駅伝競走大会の画面を見ている。

はるか

10時20分。

通路側の席ではともえが本を読んでいる。

あきら

ともえちゃん何読んでるの?

ともえ

ん~?
最近ハマってるのこの作家。
今度映画化もするんだって。

ともえが読んでたのは九条ちひろ
波の窓辺だった。
あきらは店長の友達が書いた本だと思い出す。

あきら

面白いの・・・?

ともえ

面白いよ!
他のも読んだけどこれが一番読みやすいかな。
貸そうか?

あきら

うん・・・

そうこうしているうちに3人は京都に着く。
駅伝を応援する人の様子。
そしてスタートを待つ選手たち。

はるか

今どのへん走ってんだろー♪

ともえ

駅伝てよくわかんないんだけど、第一中継所が観たいの?
アンカーじゃなくって?

はるか

高校駅伝は第一走者が一番距離が長いから
エースが走ることが多いの。
花の一区って言われるんだよ!

興味のないともえはその辺でお茶をして来ると言って
その場から立ち去っていく。
はるかは駅伝が楽しみで仕方がないようす。
あきらが声を掛ける。

あきら

はるかって本当に長距離好きなんだね。

はるか

好き好き~!
おばーさんになっても好きだと思う。
あたしに実力があればもっと楽しいんだろうけど、
観てるだけでも全然シアワセ。
・・・ってこんな話し山本先輩としたなぁ・・・

あきら

山本先輩って?

はるか

サッカー部のだよ。

はるかは一瞬マズいと感じて
話しを変えようとする。

はるか

あきらも・・・
あきらも好きでしょ?
陸上・・・

あきら

・・・うん。
好きだよ。

はるかは山本先輩の言葉を思い出していた。
『才能のあるヤツはそれだけじゃだめなんだろうな・・・』

はるか

好きだけじゃ・・・
好きだけじゃだめなの・・・?

そう声を掛けたとき、
後ろの方から聞き覚えのある声がする。
南高の倉田みずきだ。

みずき

わぁー
結構人おるなぁ。
やっぱり関係者枠で観るべきやったんちゃうの?

友人1

あんたがギリギリまで来るかわからへんかったから
応募しいひんかったんやで。

友人2

ていうかみずき
あんたもうウチの学校とちゃうんやから
入れんとちがう?

みずき

えっ そういうもんなん?

友人1

そらそうやろ。
ずうずうしい子やわぁ~~

そう話しているとみずきは
あきらとはるかの存在に気付き
目が合う。

みずき

え・・・
な、なんっ。
なんで京都におりはるんですかぁー!?
何で?
何で橘先輩がここにおるん?え?

友人1

橘?

友人2

あぁー!
いつもみず吉がメッセで言ってる橘先輩!

友人1

あーあの憧れの。

はるか

あ、そっか。
倉田さん地元が京都だったっけ?

みずき

は、はい!
こっちにいた時通ってた高校が出場してるんで応援に!
でもそんなんもうどうでもええです!
ウチ、橘先輩に伝えたいことが・・・!

あきら

え、何?

みずき

こないだのウチの走り、あれは本領とちゃいますっ!
あの時は橘先輩が不意打ちで見てはったから
キンチョーして!
本当はもっともっとちゃんと走れるんですぅ!
あんなんがウチの実力やなんて思わんといてください!
競技場でご一緒する時は100%のウチで走りますんで!

はるかは思う。
『ご一緒する・・・あきらが復帰するのを前提に話してる・・・』

友人1

だから・・・

友人2

すんませ~~ん。
この子コーフンすると暴走ぎみで。

友人1

ほら、おジャマやからあっち行くで。

3人がその場を離れると歓声が上がった。
第一走者が中継所に入ってタスキリレーが始まる。

その後あきらとはるかはともえと合流し
ともえの希望で金閣寺。
あきらたちの希望で金平糖を買いに行く。

金平糖の有名店
緑寿庵清水の店内で金平糖を選ぶ二人。

はるか

家にひとつ買っていこ~っと♪

はるかが会計をしている間、
ケータイを見るあきら。
ユイに送ったメッセージは既読がまだついていない。

場面はホテルの大浴場に。

ともえ

っはーーー
クリスマスイブに京都ってのも
オツでいいわね~~~

あきら

はるかんちって
クリスマス忙しいんじゃない?
家空けていいの?

はるか

今年はぜーんぶ翔太に押し付けて来たっ!

ともえ

あたしサウナ入ってくるねー

そう言うとともえは一人サウナに向かって行く。
二人はまだ湯船の中。

はるか

あきらこそ、クリスマスに向こうにいなくていいの?

あきら

え?

はるか

編んでたマフラー
クリスマス、誰かにあげるためだったんじゃない?

あきら

う、うん・・・
なんか本当に渡してもいいのかなぁって思って・・・

はるか

そーなんだ・・・

あきら

うん・・・

はるか

・・・あのさ、あきら・・・

あきら

うん?

はるか

お昼に話してたことなんだけど・・・

はるかは『好きってだけじゃだめなの?』と言う言葉が気になっている。
はるかの次の言葉を待つあきら。
しかし、はるかは何も言わない。
あきらも黙ったまま、二人は湯船につかってて、
次第に顔が真っ赤になってくる。

ともえ

何やってんのあんたたちは。

あきらとはるかは完全にのぼせてしまい
脱衣所の椅子に横になっている。

あきらは少し迷っているような顔をして
横になっていた。


隣の人に気付かれる前に、ニオイケア始めませんか?
LCジャムウ・ハーバルソープ

ガーデンの事務所で近藤店長の携帯に
メール着信が。

近藤


橘さんからメール?
京都!?

『店長、メリークリスマス!
今わたしは京都にいます。
金閣寺がきれいでした。』

メールには金閣寺のと思われる写真が添付されていたが
近藤はガラケーのためあきらの送った画像が開けない・・・

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように65話の考察・感想

それでは65話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • 声を掛けたのははるかだった
  • 倉田みずきがだんだん可愛くなってきた
  • あきらはマフラーを渡さない!?

声をかけたのははるかだった

前話64話の最後に「おまたせ」って声を掛けたのは
店長じゃなくってはるかだったんですね。

てっきり店長と待ち合わせしてて
この65話ではあきらと店長の話しで
マフラーがどうなるのか、今後がどう展開していくのか
わかっちゃうんだろうな~

なんて思ってましたが。
ひっぱりますね~眉月さん(^^ゞ

まあ、こんな時間の進み方が恋雨らしいと言えばらしい。

高校駅伝で京都を絡めて、倉田みずきを登場させる。
フランスに住んでるんじゃなかったのか?
あきらの伯母さんのともえまで再登場!

9巻の最初の話しだから、できるだけ登場人物が多いほうがいいかもだしね。

倉田みずきがだんだん可愛くなってきた

京都弁を活字で読むのは
正直読みづらいっす。

まあ、それはそうとみずきが急にあきらに練習みられて
実力が出せなかった話の時から少しづつ変わって来たんだけど
みずき、可愛いな~って^^

ちょっと強引な感じで厄介者的な存在かと思ってたんだけど
いやいやみずきはあきらへのリスペクトが半端なく
とてもまっすぐな女の子なんだと。

緊張して力が出せなかったり
憧れのあきらを目の前にするとネコになってしまったり
なんかみずきって可愛らしいな~♪

そう思うようになってきたオッサンがここに約1名ww

店長との恋が進まないのは
みずきの存在が大きく影響してるので
物語的にはあまりうれしくない存在だったんだけど。

でも、そのマイナス感を無くす絶妙なキャラクティングっていうか
嫌味のないストレートな気持ちをぶつけてくるみずき。

あきらの気持ちを動かしたのも彼女ですしね^^

スポンサーリンク


あきらはマフラーを渡さない!?

あきら、随分迷ってる感じでしたよね・・・
風呂でのぼせながらも、マフラーを渡していいものかどうか。

ちょっと前にみどりの存在も強く感じたりしたので
店長のことを考えて、って言うよりも
自分自身の問題のようですよね。

極端な話し、恋愛を取るのか陸上を取るのか。

気持ち的には既に陸上復帰を決めている様子。
そんな状態で近藤にクリスマスプレゼントを渡してもいいのかどうか?

葛藤があるようです。
あんなに頑張って作ったマフラーなのに
渡さないって結末になるのか・・・

ユイのも吉澤に受け取ってもらえなかったしね。
何だか切ない。

まとめ

クリスマスイブ。京都にはるかと女子駅伝の応援に。
するとそこには倉田みずきも来ていた!

  • 女子高生の旅の引率はともえ
  • 駅伝の応援で倉田みずきとバッタリ
  • はるかはあきらに最後の一言が言えない
  • 二人で風呂でのぼせる

はるかは大事なところで肝心な一言が
出ないタイプだったんでしょうか・・・

もうちょっとズバっと言うと思ってたのに
なかなか言い出せませんでした。

はるかははるかで山本先輩のことがあるんで
恋愛と陸上どっちを取るんだ?って選択を迫るのに
気が引けてるんでしょうか?

マフラーはきっと渡さないんでしょうね。
何となくあきらの性格からすると
そうなりそうな感じ。

ユイが元気にしてるか心配だ・・・

【祝】恋雨アニメ化詳細情報!
次回66話は29号!
6月19日(月)発売ですかね!

→ 次回、恋雨66話

恋雨64話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す