恋は雨上がりのように71話ネタバレ感想 夏が流れてく・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

橘あきらだけじゃなく、まさか町田すいまでもが
本名があ○らだったとは・・・

って、管理人より驚いたのは九条ちひろのほうでした(^^ゞ
ま、ちひろにとっては対近藤のみかた?を得たって言うか・・・

17歳と言うキーワードが引き立った前話でした。

さて今回は、ちょっとタイムスリップしちゃうようです・・・

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

← 前回の話しを見てみる(恋雨70話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように71話あらすじ・ネタバレ

都会で見れる夏の入道雲の様子

あの頃、歌が風となり
どこまでも運んでくれる気がした。

場面は1年前の夏、あきらがケガする前の夏。
風見沢高校は放課後になっていた。

あきらは校舎のベランダで曲を聴いている。
そこにはるかがやってくる。

はるか

あきら、おまたせーっ!
HR長引いちゃって・・・
部活行こ!

二人は校舎内を歩きながら話す。

はるか

何聴いてたの?

あきら

走りながら聴くと気持ちいいの、その曲。

はるか

はーっ
今日も暑いなぁ~
また焼けちゃうよー。

そう言いながらすれ違うはるかに
目をやる山本先輩

女子陸上部ではあきらたちが着替えている。

はるか

あきら。

そう声を掛けるとはるかはあきらの脇の下にスプレーする。

先輩

よーっし
外周行くかー

外はまだ暑く、セミが激しく鳴いている。
吉澤がバス停でバスを待っているが
暑さで顔は赤く、汗ばんでいる。

バス停の向こうの方を陸上部が走って行く。

みんなで走っているとはるかがボソボソと何かを言い出す。

はるか

ガリガリ君ソーダ味・・・

隣で走っているあきらは、少し考える。
すると、

あきら

セブンのキウイアイスバー。

はるかは負けじと、

はるか

アイスボックス、アクエリアス入れ。

もっとクールで美味しいものを考える二人。
はるかが言い出す。

はるか

やっぱり、あんず屋のイチゴかき氷練乳がけ!

先輩

コラーッ!!
そこの1年!!
心が折れそうになる私語は禁止!

っよーし!
短距離組は引き返して
長距離組はもう少し頑張るよー

坂の途中でふた手に別れてあきらは短距離組に。
しかしあきらは次第に遅れて・・・
単独行動に。

道をそれ、階段を駆け上がっていく。
息を切らすあきら。
汗がしたたり落ちる。

階段を登りきる、少し手前で
あきらがふと振り返る。

遠くに夏の雲が見える。

両手を上げ深呼吸するあきら。
その時、風が駆け抜ける。

あきら

夏が流れてく・・・

夕方になり部活終了。

先輩

今日は以上!
礼っ!

グランドには誰も居なくなった。
体育館の脇をあきらとはるかが歩いていく。

はるか

ウチもグラウンドにライトがついてれば
もっと走れるのにね。

体育館では剣道部やバスケ部がまだ練習している。

場面はあんず屋に。
あきらとはるかはベンチに座って
かき氷を食べている。
イチゴ練乳がけだ。

あきら
はるか

生きかえる~~~

二人は笑顔で楽しそうにかき氷を食べる。
セミの鳴き声。風鈴の音。

あきら

なんか眠くなってきちゃった・・・

はるか

ウチ寄ってく?
帰りお父さんに車で送ってもらってさ。

あきら

うん・・・

はるか

そーしなよ!

そう言いながらはるかは先輩たちが来たのに気付く。

先輩

あんた達のせいで
かき氷食べたくなっちゃっただろー。

先輩2

おばちゃーん
かき氷ふたつー
イチゴとメロンー!

先輩

なに、橘どうしたの?

あきらはウナダレたようになっていた。

はるか

・・・寝てます。

先輩

マジかよ。

あきらは、まどろみの中にいた。

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように71話の考察・感想

それでは71話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • 陸上部の練習の様子
  • 風見沢高校の周辺
  • あきらが聴いてた曲は?

陸上部の練習の様子

これまで陸上部の様子ってあまり描かれてませんでしたよね。

話しがあきらがケガをしてからだったので
陸上部の練習って、はるかたちがバス停の横を走っていくくらいで
あんまり詳しくは紹介されてませんでした。

でも今回は1年前の夏ってことで
当時の部活の様子がたっぷり描かれました。

正確には今、話しの中では年末なので
約1年半ほど前、あきらとはるかが1年生の夏ってことですね。

放課後のチャイムから女子陸上部の部室の様子。
あきらは匂いが気になるんでしょうか。
はるかが脇にスプレーしてましたね。

ランニング中にあきらは勝手に一人で高台に登ります。
お気に入りの場所なんじゃないでしょうか。
遠くまで景色がよく見えて、気持ちいい風が吹いてました。

部活終わりで体育館の横を通ると他の部活がまだ練習してたり
ドアにはJAZZ部の部員募集の張り紙がしてあったり。

練習終わって立ち寄る、あんず屋とか
そこでまた先輩達にバッタリ会ってしまうとか。
青春真っ只中ですね!

部活で疲れきったあきらはあんず屋で寝てしまうと言う
天然ぶりも炸裂させてました(^^ゞ

あきらが走っていた頃の高校生活、陸上生活を
一通り紹介するような、そんな感じでした。

管理人も遠い昔の部活の頃を思い出して
少し懐かしく思いました。

風見沢高校の周辺

高台からあきらがみた風景

あきらのお気に入りの高台。

モデルになったと思われる氷取沢高校の東側の階段上ですね。

ココからの景色があきらが見てた風景とおんなじです。

あんず屋とかもモデルになる店がきっとあると思うんですが
ちょっとそこまでは発見出来ませんでした。

あきらが聴いてた曲は?

はるかを待ってるとき、あきらは音楽を聴いてましたね。
あれ、何を聴いてたんでしょうか・・・

やっぱり
神聖かまってちゃんなのか!?

走りながら聴くと気持ちいい曲・・・
神聖かまってちゃんにそう言う曲があるのか・・・

ちょっとわかりませんでしたが眉月さん
神聖かまってちゃんが好きみたいなので
多分、当たってるかもしれません。

興味のある方は、ちょっと聴いてみては?

追記)
で、ちょっと調べてみたら神聖かまってちゃんの曲で
リッケンバンカー』って曲がありました。

この曲の歌詞に
”夏が流れてく”
と言うところがあります。

あきらが高台で口にするセリフですね!
ってことで、あきらが聴いてた曲は
神聖かまってちゃんの『リッケンバンカー』で決まりですね^^

スポンサーリンク


まとめ

あきらとはるかの陸上部生活が垣間見れました。

  • あきらとはるかは楽しそうに練習していた
  • あきらは練習中にお気に入りの場所へ
  • 練習が終わるとカキ氷を食べに
  • 疲れてそのまま寝てしまうあきら

この71話のタイミングで高校の陸上部の様子を描いたのは
やはりあきらの陸上復帰への布石でしょうね。

71話は9巻の最終話72話のひとつ前になるので
そこでワンクッション、高校時代の様子を描いて
次の72話でドーンと!

ん?
何でしょう?

タイミング的には年末からお正月にかけてで
近藤の誕生日が1月5日なんで
そのへんで何かが起こる?

まだあきらはマフラーも渡してませんしね。

来週72話だと喜んだのもつかの間・・・
どうやら間違いだったようです。

次回72話は43号
9月25日発売です!

凡ミスですね。
しっかりして欲しいです。

さて次回72話は41・42合併号!
9月11日(月)発売!
おぉ~来週だよん^^

→ 次回、恋雨72話

← 恋雨70話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す