恋は雨上がりのように68話ネタバレ感想 17歳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

はるかユイが自分の目標に向かってまっすぐ進み始める様子に
自分は取り残されてしまうのではと感じるあきら

それとなく近藤に相談してみると、ただ諦めたのなら永遠に後悔するとアドバイスされる。

その言葉にあきらは深く考える。
一方で近藤も自分に言い聞かせたように、ペンを持ち・・・

これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

なお、本ブログでは漫画の画像は基本的に掲載していません。
あきらの可愛い絵が見たい方は、是非購入して読んでみてくださいね!

← 前回の話しを見てみる(恋雨67話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように68話あらすじ・ネタバレ

17歳の女子高生の様子

近藤が書斎でペンを走らせている。
刻むように1字1字・・・

くわえていた煙草のハイが口元から原稿用紙の上に落ちて原稿用紙が少し
燃えて穴が空いてしまう。

穴の具合を確認しようと原稿用紙の穴を覗き込むと朝日が差し込んできた。

近藤

朝か・・・

雀のさえずりが聞こえる。

場面はガーデンに。

あきら

オーダー入ります。
てりたまバーグひとつ・・・

そう言いながらあきらは近藤の様子に気付く。
近藤は本社に出かけるところだった。

近藤

じゃあちょっと俺、本社に行ってきます。
戻りは夜になります。

ユイ

はーい。

久保

ひっどい顔ね~
ちょっと橘さん、またファイル忘れないように見送ってくれる?

あきら

はい!

久保さんに促されあきらは事務所へ。
近藤はコートを着ながら答えている。

あきら

寝不足ですか?

近藤

うん、まあ、ちょっと・・・
ハハハ・・・

あきらは近藤の顔のクマがスゴいと感じる。

近藤

じゃ、いってきまーす!

近藤はマフラー首にまき、笑顔で事務所をあとにする。

あきらはそんな近藤の様子を、何だか楽しそうだと感じる。

ガーデンでは店員を呼ぶピンポンが盛んに押されていた。

ユイ

あたし行きます!
はいはーい!
ご注文お決まりでしょーかーっ!!

九条

店長さんいる?

座って居たのは九条ちひろだった。

あきらもフロアにやってきた。

あきら

どうしたんですか?

ユイ

なんかヘンなお客さんなの。

久保

いいわ。
あたしが持っていく。オーダーは何?

久保が接客する。

久保

ハイボールおまたせ致しました。

九条

ドモ。

久保

ご注文の品は以上でおそろいでしょうか。

九条ちひろは久保さんのことをじっと見つめる。
ネームプレートも確認した。

久保

ご、ごゆっくりどうぞ・・・

九条

ウイ。

ユイ

どうでした?

久保

別にフツーだったわ。
それよりあの人、どっかで見たことあるのよね・・・

喫煙席でタバコをふかす九条。

九条

う~~~む。
年齢的に橘あきらは今のウエイトレスかと思ったが
名前が違ったなぁ・・・
まさか本当に男とか?

タバコを消して、ユイに声を掛ける九条。

九条

そこのお嬢さん。

ユイ

追加のご注文でしょうか?

九条

橘あきらくんっている?

ユイ

橘あきらくん、ですか?

九条

そ。
橘あきらくん。

ユイ

(橘あきらくん?橘あきらちゃんならいるけど・・・)

ユイ

橘あきらくんはいません。

九条

いないの?

ユイ

はい!

あてが外れて少しずっこける九条。
もう帰ろうと立ち上がる。

九条

ごっそーさん。

ユイ

ありがとうございました!

久保

誰だったかしら・・・

あきら

ホール見てきます。

レジで九条が会計している。

ユイ

500円お預かり致します。

九条は橘あきらが居ないことを少し残念に感じる。

ユイ

あ!でもお客様、橘あきらくんはいませんけど、
ちゃんならいますよ!

バックヤードでは加瀬大塚と久保が話していた。

久保

思い出した!

ホールにあきらが顔をだした。

ユイ

あっ あきらちゃん!

九条があきらを見つめる。

大塚

え!
九条ちひろってあの小説家の?

久保

間違いないわ。
こないだテレビで観たもの!

レジの前で九条はあきらに話しかけていた。

九条

君が・・・
橘あきら・・・?

あきら

はい・・・?

自分の目を疑う九条。

九条

き、君いくつ・・・?

あきら

17歳です。

九条は固まってしまう・・・

場面は集学館文芸局謝恩会の会場に。
九条ちひろは飲み物を手にしたまま
あきらのことを思い出していた。

九条

17歳だぁ?

鱈小路

ち、ひ、ろ、ちゃーん!

鱈小路が九条のお尻を触ってきた。

九条

ぎゃー!

鱈小路

久しぶりじゃな~い。
パーティーに出席なんて珍しい!

九条

あ、鱈小路先生!
お久しぶりです・・・

鱈小路

相変わらず調子いいそうじゃない。
映画化だって?

九条

お陰様で。

鱈小路

で、コッチのほうはどうなのよ?
お金は十分あるんだからさ~~~

九条

いえ、自分は小説が妻であり恋人であり子供でありますゆえ!

鱈小路

見かけによらずマジメだね~
ちょっとは遊びなさいよ。

九条

ははは~
んじゃまあ失礼します。

そそくさとその場を去る九条。

九条

ったく、皆、金と色の話が好きだよなぁ・・・
くだらねぇ。

編集者

あ!いたいた!
九条先生ー!

九条

おう。俺もう帰るわ。

編集者

え!?

その前にご紹介したい人が・・・

九条

誰?

編集者

町田すい先生です。

それは今をときめく新人作家だった。
九条はどうせスカした感じの今どきの若者を想像していた。

編集者

九条先生お連れしましたー!

町田すい

えっ、九条先生!?
はっはじめまして!
町田すいと申します・・・!

九条

・・・学生服?

編集者

17歳なんですって!
天才ですよ天才!!

再び石になる九条。
今日はいったいなんて日だ!と感じる。

町田すいはオレンジジュースを手にしながら笑っている。

場面はガーデンに。
近藤が戻ってきた。

近藤

戻りましたー。

事務所ではスタッフが休憩しながらザワツイていた。

近藤

何かあったの?

ユイ

あっ店長!
今日お昼に有名人が来たんですよ!

近藤

有名人?

ユイ

小説家の九条ちひろ!

近藤

え・・・
ちひろが・・・?

その受け答えにユイと久保は空いた口が塞がらない。

ユイ

やっぱり店長知り合いだったんだー!
どうして?

近藤

あ・・・
いやぁ・・・大学の同期で・・・

それを聞いてビックリする加瀬。

近藤

店長って早大なんすか・・・

近藤

え?
あ、うん・・・
実はそう(なん)だい。なんて・・・

愕然とする加瀬。

加瀬

吉澤!!
いいかよくきけ!
良い大学に入るだけじゃダメだ!!
その先の事もちゃんと考えろ!
それが進路だ!!!

吉澤

ウス・・・

いろいろとざわつくみんなに近藤は呆然とする。

そして九条ちひろとあきらが顔を合わせたことを認識する。

隣の人に気付かれる前に、ニオイケア始めませんか?
LCジャムウ・ハーバルソープ

恋は雨上がりのように68話の考察・感想

それでは68話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • 九条ちひろがガーデンにきた理由
  • 九条ちひろは意外にマジメ
  • 近藤の思いは

九条ちひろがガーデンにきた理由

思わぬ客がガーデンに来ましたね!

九条ちひろは何でガーデンに来たんでしょう。

恋雨をずっと読んでる方なら九条ちひろが『橘あきら』と言う名前を知ったのが
58話だったことを思い出すでしょう。

近藤の恋わずらいが大変なことになってしまい、九条を呼び出して相談してると
打ち掛けのメールをちひろに見られ、あきらの名前を知られてしまいます。

送るに送れないためらいメールに、鋭いちひろは近藤は恋してると感じますよね。

恋わずらいの相手が橘あきらと言う名前だと認識はしましたが
女なのか男なのかはその場では明らかになりませんでした。

近藤が必至に隠しました。けど、バレバレな感じでしたけどね(^^ゞ

で、それを確かめにガーデンにやってきたんでしょう。

でも、そんな友人のプライベートを詮索するようなこと、しますかね?

友人として気になったのか、それとも自身の執筆に行き詰まりを感じ
何か新しい題材が欲しかったのか・・・

以前31話で初めて九条ちひろが登場した時に、近藤は九条の作品に対して

「お前の小説、ヒロインの女子高生の描写がイマイチだな」

と指摘されました。
それが気になってた可能性はあるでしょう。
何で近藤が自信満々に女子高生のことを知ってるというのか・・・

「ファミレスの店長、なめんじゃね~よ」
と言う背景を知りたい・・・

好奇心として知りたいと感じたのが強いと思います。

でも、実際にそれが17歳の女子高生だと知って衝撃を受けましたね(笑)

しかも、新進気鋭の新人小説家の町田すいも17歳だったとは!

49話で町田すいの『猫と釘』が売れていて、出す本だ重版を繰り返す。
でもちひろは何で町田すいが世間に受け入れられているのかが理解できてないことに焦りとか
限界のような物を感じてましたね。

世間の流行りがわからなくなることへの危機感です。

で、結局それがまた17歳の作品だと知って、
ちひろ的にはほんと衝撃の一日だったようです。

九条ちひろは意外にマジメ

鱈小路先生にけしかけられても、ちひろは全く動じませんでしたね。

ちひろは金とか女とか、そう言うものに興味はほとんどなさそうです。

ちひろの見た目とは想像できないほど、真面目で小説が本当に好きなんだなと感じることができると思います。

近藤もその点では一緒ですね。

ただ、ちひろはそれを仕事としていて世間的にも有名になっていると言う点で
少し近藤とは違うようです。

でも人となりとしてはちひろは信用のおける人物だと思います。

それは近藤の親友だからと言う理由だけですが、それだけで十分ですよね。

あきらが17歳女子高生と知って、ちひろはどんな影響を受けるんでしょうか。

町田すいが17歳だと知って、更にライバル心?のようなものが芽生えるんでしょうか?

ちひろの動向も目が話せなくなりそうですね。

スポンサーリンク


近藤の思いは

近藤は青ざめてましたね。
ちひろがあきらの存在を知ってしまって・・・

まあ自分に置き換えてみても、付き合っている17歳の女子高生を
大学時代の同級生に知られたいかって言われたら・・・

知られたくないですよね(^^ゞ

中年にとって女子高生なんぞ、自分の娘みたいな存在ですからね。

近藤はちひろにあきらとの関係を完全に知られたと感じてるでしょう。

マズいな、と感じてると思うんですが、ただ具体的に何がマズいのかって言うと
微妙によくわからないんですよね・・・

付き合ってるって知られたところで、まあ伏せておいてくれって頼めばいいだけだし。

恐らく、ちひろの作品が若い世代を多く扱っているので
それに少なからず影響を与えてしまったり、逆にちひろにはわからない
若い世代との繋がりをあきらに求めてきたりするんじゃないか・・・

そんな警戒心があるのかもしれませんね。

あと、近藤が執筆している作品にも関係してるかもしれません。

ま、いずれにしても45歳バツイチが女子高生と付き合ってることを
友人に知られたのはショックでしょうね。

付き合ってると言ってもキスもしてないしやってもいませんけど・・・

でも、ちひろはそうは思ってないかもしれませんしね(^^ゞ

少なからずそう言う見方はして来るでしょうし。

まとめ

九条ちひろがあきらの存在を知ってしまいました。

  • 九条ちひろがガーデンにやってくる
  • 橘あきらは17歳女子高生だと知る
  • 新進気鋭の作家町田すいも17歳だと知る
  • 近藤はあきらの存在を知られ青くなる

加瀬は近藤が早大出身なことを知ってショックを受けましたね。
吉澤にまたアドバイスしてましたが、なんか加瀬のキャラが
微妙に変化して、普通の良い人系になってきたのが少し残念です。

加瀬には加瀬のまんまでいて欲しかった。
もっとクールに。もっと嫌味に(^^ゞ

しかしなかなか収束する様子が見えてきませんね・・・
話しがどんどん膨らんで行く感じです。

アニメは来年の1月に始まるのに・・・
今、こんな感じだとやっぱりアニメはオリジナルストーリーになりそうですね。

町田すいが17歳で、まさかあきらとの絡みも出てきたりする?
みたいな発散もあるかもしれませんね。

あきらと店長の恋の話しだったと思うんですが
店長とちひろのライバル関係の話しにシフトして行ったり・・・

あっ!
店長と九条ちひろは
あきらと倉田みずきの関係と対比になるのか?

とかね。

あまり複雑な人間関係はいらないんで
店長とあきらのキュンキュンの話し期待で^^

【祝】恋雨アニメ化詳細情報!
次回69話は35号!
7月31日(月)発売ですかね!

→ 次回、恋雨69話

← 恋雨67話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ハム太郎 より:

    むか~し昔に読んだ「マカロニほうれん荘」の最終話を思い出す内容でした。他人から決して踏み入れられたくなかった「ガーデン」という聖域を踏みにじられたうえに、店長の意外なところも皆に知られ、あきらは決して良い思いはしていないはず…今まで通りには過ごせなくなることに不安を感じました。

    1. kzo より:

      ハム太郎さん、こんばんは!
      マカロニほうれん荘、懐かし~!!! 沖田そうじ、金藤日陽さん、膝方歳三^^ あ~なんか読みたくなってきましたww
      倉田みずきがガーデンに来た時から聖域はだんだん侵食されてきましたよね~ユイちゃんも一歩踏み出して取り残され感みたいなの感じてるみたいだし。
      ただ店長と九条ちひろの関係はあきらがみんなに話したんじゃないかなと思うんです。知ってるのあきらしかいませんし。そんなこと言ったら「何で店長の友達だって知ってるの?」って加瀬とか久保さんに突っ込まれると思いますが、それがあきらの天然かなと。

コメントを残す