恋は雨上がりのように47話ネタバレ感想 結婚されてるんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あきらは倉田みずきの情報を仕入れるため
体育祭実行委員会をやっているはるかのところに
やって来ました。

みずきのことを聞いたあきらは、更に悩まされます。
また、近藤から掛けられた何気ない一言が
あきらに追い打ちをかけるように響きました。

今回はこれまで無かった重要な人物同士の
直接対決です!
こんな形で対面が実現するなんて・・・

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

← 前回の話しを見てみる(恋雨46話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように47話あらすじ・ネタバレ

秋晴れの休日。
みなとみらいのスポーツ用品店に
喜屋武はるかは来ていた。

『あきらの記録はまだ抜いてない』

あんなこと言わなきゃよかったと
気持ちがモヤモヤしている。

しかし考えたって仕方ないと
前向きに捉えてシューズのサイズがないか
店員に聞く。

はるかの靴のサイズは24.5㎝のようだ。

店員との会話中に親子の声を耳にする。
そこには近藤と息子の勇斗が靴を買いにきていた。

近藤が持ってきた靴がキツくて
勇斗は文句を言っている。

19㎝だと思っていたのに
勇斗は既に22㎝に成長していた。

近藤は店員に22㎝の在庫があるか確認をお願いする。
その時、視線に気付いた。

その様子をはるかが見ていたのだ。

近藤と目が合ってしまったはるかは
ふと我に返ってそっぽを向く。

はるかは記憶を辿って、近藤のことを思い出す。
夏祭りのときにあきらが声を掛けていて
顔を赤くしながら話していた相手だと気付く。

そう。
あきらの好きな人だと。

そう思いだしたはるかは、店員を待つ近藤を見つめる。

その視線に気付いた近藤は
これはゴミを見るような、あの目だと感じる。

あきらと同じ位の若い女の子から見たら
自分のようなオッサンはゴミのようなものだと・・・

休日で店内が混んでいるのか
店員はなかなかやって来ない。

近藤は座ってひたすら待っている。
その様子を見つめるはるかは
近藤がものすごくボーッとしているし
洋服も変だと感じる。

近藤は胸に大きなアルファベットがプリントしてある
トレーナーを着ている。
加瀬が植物園でダサいと感じた、あのトレーナーと
同じようなやつだ。

時間を持て余していた勇斗は
別のスニーカーがいいと言い出してきた。

勇斗の持ってきたスニーカーは
ゴツい感じがして走りにくいんじゃないかと
近藤は思った。

でもよくわからないから店員に聞いてみようと
勇斗に話しかけた。

すると、はるかが言い出した。

はるか

「50m走とかなら、それ良いと思いますよ」

はるかはスニーカーのソールがバネ構造になっている
靴の仕組みを二人に説明した。

突然話しかけられた二人は唖然とした。
近藤は少しおどけた調子で受け答えする。

すると、はるかは他のスニーカーについても
簡単に解説してくれた。

詳しいんだねと近藤が言うと
陸上をやってるんで、とはるかが答える。

近藤は陸上と聞いて、あきらと同い年くらいかなぁと
はるかの様子を見ていた。

すると、突然はるかが質問してくる。

はるか

「あの・・・結婚、されてるんですか?」

予期せぬ内容の質問に
今度は一瞬止まる。

しかし、自分の事を聞かれていると理解した近藤は
バツイチだと答えた。

いったいこの会話はなんなんだと思いながらも。

「バツイチ・・・」

はるかがそう言うと
今度はバツイチってのは一度離婚して、と
バツイチの解説を始めた。

はるかは「知ってます」といいそっぽを向く。

会計を済ませた近藤があきらに礼を言う。
あきらも自分の買い物を済ませたので
急いで帰っていく。

店を出て外を歩いていたはるかは
遠くから「お~い」と呼ぶ声に気付く。

振り返ると近藤と勇斗が走って追いかけてくる。

ぎょっとしたはるかは、なんで追っかけてくるのか?
あきらの友達だとバレたのか!と思い走って逃げる。

しかし二人は必死で追いかけてくる。
近藤は「おじょうさん、おまちなさい・・・」と
息も絶え絶えに言っている。

もう走れなくなった近藤は
勇斗に「お父さんはもうダメだ」と言って
その場にひざまずいて言った。

勇斗が頑張ってと声を掛けていると
はるかが近づいてきて声をかけた。

はるか

「何か用ですか?」

すると近藤が

「あ・・コレ、お、落し物・・・」
そう言ってキーホルダーを差し出した。

レジで振り返った時に、はるかのバッグから落ちたのを
勇斗が拾っていたのだ。

それはあきらからもらったガチャガチャのやつだ。

「ありがとうございます」
そう言ってはるかは受け取った。

「いや~それにしても、やっぱ速いねぇ!」
「さすが陸上部」

近藤が言うとはるかは
「私、遅いようですよ。」
「速い人は、もっと速いです・・・」
と答えた。

すると近藤がおもむろに尋ねる。

「アキレス腱をケガしたら
前と同じように走ることってできないのかな」

はるかは一瞬ドキッとする。
そして少し考えて答えた。

「そんなことないですよ」

すると近藤は明るい表情で
「そうなんだ!?」
と答えた。

遠くから翔太が声をかけてきた。
どうやら待ち合わせをしていたようだ。

翔太が話しかける。
「いま話してたおっさん誰?」

はるかが答える。
「悪い人ではないっぽい」

近藤と勇斗は手をつないで
帰っていった。

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように47話の考察・感想

それでは47話の考察と感想です。
今回は以下の2つについてお話ししてみたいと思います。

  • はるかと近藤の直接対決
  • あきらを思いやる二人の気持ち

はるかと近藤の直接対決

喜屋武はるかと近藤店長は
それぞれ相反する象徴的なキャラクターとして
描かれてきましたよね。

近藤はケガをして陸上を諦めなければと
落ち込んでいたあきらを前向きな気持ちにしてくれた
陸上を忘れさせてくれる存在。

一方、はるかは親友であり
陸上そのものとして描かれています。

ストーリー的には交わることのない
背反するキャラクターなんです。

ま、でもいつかこの二人は接する時が来るんだろうなと
思っていたのですが、こんな形になるとは・・・

日常的にはありそうな買い物の時に
偶然に出会ってしまうと言う設定でしたが
はるかの会話の切り出し方が、超すごかったですね。

初対面のオッサンに
結婚されてるんですか?と尋ねましたww

通常ならあり得ませんね。
近藤のあのリアクションには同意します。

僕もいきなり若い女子高生から
結婚してるんですかって聞かれたら
?マークが沢山出ちゃいます。

まあ、僕の場合はそんな声をかけてくれることなど
あり得ませんけどね(^^ゞ

って、普通はこんなシチュエーションは無いでしょう。

で、この直接対決は
近藤の人柄が出て、はるかは悪い印象を
抱かなかったので、近藤の勝ちですね。

まあ、勝ち負けの話しではないのですが
なんと言っても物語の今後を左右する
重要なキャラの二人なんで。

これからも二人が絡む場面が出てくると予想されるので
注目したいですね。

あきらを思いやる二人の気持ち

はるかも近藤も、それぞれの立場から
あきらのことを思っているんだなぁってのが
よくわかりましたね。

はるかは、あきらに対して
倉田みずきがまだあきらのタイムを越えてないと
伝えてしまったことを少し後悔しているようです。

余計な事を言ってしまったと。
陸上の選手にとってタイムはとても重要な、
って言うか、それが全てですよね。

自分とライバルがどういう関係にあるのかは
タイムが基準になって考えられると言っても
言い過ぎではないでしょう。

あきらにしてみたら、同じアキレス腱断裂から立ち直って
競技を続けているみずきが、自分より速かったら
ショックでしょう。

あきらのタイムを越していないから
はるかはみずきの記録の事が言えたのでしょうが
まだ』越えてない、と余計な言葉を加えてしまいました。

受け止め方によっては、まだ越えてないけど
いつかは越えられてしまうかもと言う
可能性があると言っているようなものかもしれませんね。

あきらのプライドを傷つけないように
最大限の注意を払ったのかもしれませんが
余計なこと言わなきゃよかったとはるかは悩んでいます。

一方の近藤は、アキレス腱をケガしても
競技に復活することは可能だと言うことを知り
あきらにはまだ走れる可能性が残っていると感じます。

大きな目標を完全に失ってしまった経験がある近藤にとって
まだ走れる可能性があきらにはあると思えることは
嬉しいことですよね。

これもあきらを思いやっての気持ちからですね。

ただ、近藤はあきらにとっては恋愛対象であり
陸上のことを触れられたくないと思っているので
近藤がケガしてもまだ走れるんだよってアドバイスするのは
あきらには良い印象を与えないでしょう。

また、ケガをしても復帰できると伝えたはるか。
もちろん嘘ではないのでしょうが、
遠回りにあきらの気持ちを陸上に向ける作戦?

って、そこまでは考えてないでしょうけど。

しかしながら、はるかも近藤も
一生懸命あきらのことを思ってるんだなと感じました。

まとめ

いずれは直接対決するだろう、はるかと近藤が
ついに出会い、話しをしました。

  • はるかは近藤がバツイチだと知る
  • 近藤ははるかがあきらの友達だとは気付いてない
  • アキレス腱をケガしても競技に復帰できることを近藤が知る
  • 近藤は悪い人ではなさそうだとはるかが感じる

はるかって、とってもキレイに描かれてますよね~

すっごい目がキラキラしててカワイイ!
僕はあきらも可愛いと思うんだけど
はるかはもっと可愛いと・・・

って、そんな事を言ってたらあかんね(^^ゞ

さて、次回48話は9月12日発売の42・43合併号です!
48話ってことはこれで第6集のラストになりますね。
ってことは、何やら波乱の予感が・・・

しばらくあきらと近藤の恋の話しがなかったので
二人の間で何かが起こるかも!!

→ 次回、恋雨48話

恋雨46話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す