恋は雨上がりのように45話ネタバレ感想 あなたにあたしの何がわかるの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ユイと吉澤が急接近の予感たっぷりな感じになり
あきらと近藤の関係以外のサブストーリーの方も
盛り上がって来そうな、そんな展開になってきました。

クリスマスに向けたあきらとユイのマフラー作りのほうも
ガッツリ気になっちゃう!

このままイイ感じでクリスマスを向かえるかな~って時に
彼女が再び現れる・・・

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

← 前回の話しを見てみる(恋雨44話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように45話あらすじ・ネタバレ

場面は1年前の陸上競技場。
倉田みずきは遅れて競技場にやってきた。

みずき

おーす。

友達

あっ、みずき!
おっそーい

みずき

ごめんごめん。

友達

大丈夫なの?

みずき

うん全然。
短距離もうやっちゃった?

友達

これからだよ!あっ ホラ!
上田センパイがんばれーーー!

みずき

なぁっ、あの人 誰?
4番レーン、トップ走ってはる人!!

友達

あー風見沢高の橘あきら。
うちらの1コ上。
そっか、みずき転校生だから見るのはじめてかー。
つーか、橘先輩ブッチ切りじゃん。
はえー・・・

みずき

橘あきら・・・

●場面が戻り、みずきは教室で考え事をしている

友達

みーずきっ!
また考えごと?何考えてたか当てよっかー
ズバリ、「橘あきら」でしょう!

みずき

なんでわかるん!?

友達

あ、出た京都弁。
だってみずき、そればっかじゃん。
その人、そんなにすごい人なの?

みずき

すっごいよっ。
なのにどうして・・・

●別の友達がやって来て話しに加わる

友達B

何、何~~~?

友達A

風見陸部のハナシー。

友達B

風見の陸部ならいるじゃん。
中等部に。

●みずきはハッとする
●そして中等部の喜屋武翔太の教室に向かう

 

男子

お~い、喜屋武~~~
来客~~~

●翔太の目の前にみずきが立っている

翔太

うぉっ!?
な、何か用スか・・・?

みずき

あんたの姉さん、風見高の陸上部なの?

翔太

は?

みずき

質問に答えて。

●みずきは翔太にヘッドロックをかける

翔太

そう!そうです!!

翔太

(なんなんだこの女・・・)
それがどーかしたんスか?

みずき

橘先輩のこと知ってる?

翔太

あきらちゃん?

みずき

あきらちゃん!?

●みずきはスゴい形相で翔太の発言に驚く
●さらにヘッドロックをかけ、翔太を尋問する

翔太

しっ、知ってます!!
存じておりますううう!!

みずき

橘先輩がこないだファミレスでバイトしてるの見たの。
今 先輩 部活やってないの?

翔太

あー だって、あきらちゃんケガしたから。

みずき

ケガ!?

翔太

確か1年の秋頃だったかなー。
アキレス腱なんちゃらっつーケガしたんだよ。
そっから部活には出てないって。

みずき

アキレス腱・・・

●みずきはつぶやくように言った

みずき

ありがとう!

●みずきは振り返って去って行く

男子

なんなんだ?

翔太

さぁ・・・
嵐のような女だ・・・

男子

嵐といやぁ、台風
近づいてるとか。

翔太

ヤベー カサ持ってねーわー。

●みずきは歩いてどこかに向かっていく
●場面がガーデンに変わる
●あきらとユイが話しをしている

ユイ

そんでねっ!
吉澤くんのおばーちゃんがねっっ!

●二人の会話に久保さんが割り込んでくる

久保

ゴミ捨てとトイレチェックお願い。

●二人は「はーい」と返事をする

あきら

あたし、ゴミ捨ててくるね。

ユイ

じゃ、トイレチェック行ってきマス!!

 

●あきらが事務所のドアを開けゴミ出しに向かう
●ドアを閉めると、みずきが声を掛けてくる

みずき

橘先輩!

●あきらは視線を上げ、みずきを見つめる
●みずきはかばんを投げ、おもむろに屈伸を始める
●そして、スタートの構えを・・・

●あきらの目が見開く
●みずきが猛ダッシュであきらに向かってきた
●そのスピードに驚くあきら

●みずきはあきらに向かって両手で壁ドン!
●みずきの息が荒くなっている

みずき

なんで・・・
走れへんのですか?

●あきらは一瞬たじろぐ
●しかし我に返って言い返す

あきら

カンケーない・・・

みずき

うち、ずっと橘先輩に憧れとりました。

●あきらは少し上から言葉をかける

あきら

あなたにあたしの何がわかるの・・・

●そう言われみずきはおもむろに右足のソックスを脱ぐ
●その足には、あきらと同じキズが

みずき

うちも二年前にやってるんです。
アキレス腱断裂。

●あきらは自分の目を疑った
●みずきはあきらを見つめている
●あきらもまた、みずきを見つめている

事務所のドアの前に立ちすくむあきら。
近づく台風の影響か、
風がうなり、木の葉を飛ばしている。

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように45話の考察・感想

それでは45話の考察と感想です。
今回は以下の4つについてお話ししてみたいと思います。

  • 倉田みずきの過去
  • みずきのあきらへの想い
  • 迫り来る台風
  • あなたにあたしの何がわかるの

倉田みずきの過去

40話で初めて登場した倉田みずきが
ようやく再登場しましたね。

40話の時点で既に彼女は嵐を招きそうな
そんな予感がありましたが、
今回はその話しに加えてみずきの過去が明らかになりました。

南高校の陸上部に在籍する高1。
出身は京都で転校して横浜に来たようです。

衝撃的だったのは、みずきも2年前に
アキレス腱断裂をしていたと言うこと。

2年前ってことは中2くらいの時にアキレス腱を
やっちゃったってことになるかと。

陸上の実力はあのダッシュの勢いからして
そこそこの物があったんではと想像させられますね。

でも、2年もするとケガはあんなに良くなるものなのか・・・

何で横浜に転校して来たのかなど
みずきのわからない部分もまだ多いですね。

みずきのあきらへの想い

みずきはあきらを目標にしていたようです。
憧れてたと言ってます。

まあ、これは純粋に陸上の力を見て
あのあきらの走りを見て憧れを抱いたのかな、と。

もしかすると、アキレス腱をケガしてしまって
もう陸上をやめようと、みずきは考えてたのかもしれませんね。

そんな時、あきらのあの走りを目の当たりにして。
もう一度走ろうと考えたのかもです。

みずきに勇気を与えた存在。
それがあきらだったのかもしれません。

だから翔太から、あきらのケガのことを聞いて
居ても立ってもいられなくなり、
ガーデンに来たんでしょう。

自分に勇気を与えてくれた人が
同じケガで走るのをやめてしまっているなんて
納得ができなかったのかもしれません。

あのあきらに向かってのダッシュは
あきらへのメッセージですね。

ケガは克服して走る事ができると
伝えたかったのかもです。

迫り来る台風

はい。やってきそうですね、台風。
そして雨です。

台風の時は、特に大きな出来事が起きます。
今回はどんな出来事が待っているのか!?

あきらと近藤の恋の行方を左右するような出来事に
発展していくのか!

ん~
何だかちょっとしっくり来ない感じもあるんだけど
まあ、今後の展開を待ちたいと思います。

あなたにあたしの何がわかるの

どこかで聞いたことのあるセリフです。
そうです。
23話で近藤店長があきらに何気なく言った一言です。

『君が俺の何を知ってるの』

今度はあきらがみずきに対して
同じことを言うことになりました。

みずきがあきらの事を先輩と呼んでいるので
あきらはみずきが年下である事を認識しています。

『あなたなんか、私の苦しみを何にも知らないじゃないの』

あきらはみずきに対して恐らくそのような気持ちを抱いてたと想像できます。
なので、少し上から目線で言ったんでしょう。

でも、そんな自身に満ちた態度は
みずきのケガを知って崩れ去ってしまいます。

あきらの心境がどのように変わっていくのか・・・
まさか、近藤から気持ちが遠のくようなことはないと思うんですが(^^ゞ

って、そうなっちゃったら、この話しは終わりですね・・・

まとめ

この45話は倉田みずきが再登場し
嵐の前触れのような雰囲気に包まれた話しになりました。

  • 倉田みずきはあきらに憧れていた
  • あきらのケガのことを知ったみずきはあきらに会いに
  • みずきもアキレス腱断裂の経験者だった

何かしっくり来ないって言うのは、
そう。
みずきとの話しは、あきらと近藤の恋の展開には
マイナス要素になっちゃうんじゃないかなぁ~ってこと。

みずきがアキレス腱のケガをしていて
実はあきらと同じような立場だったってのが
どう、あきらの考えに影響するのか。

この気持ちは、おそらく近藤への想いとは共存できないはず。

やっぱりあきらと近藤はうまく行かないんだろうな~
って考えてしまいそうになっちゃいます(^^ゞ

さて、次回は8月8日発売の37・38合併号だそうです!
うん。目が離せない!

 

→ 次回、恋雨46話

恋雨44話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す