恋は雨上がりのように40話ネタバレ感想 金木犀の香り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

せっかくあきらが誘ってくれた古本市だったのに
自分ばかりが楽しんでしまって、申し訳ない気持ちになってた近藤だったが
そんな近藤を、あきらはすんなりと受け入れてくれます。

しかも、そんな自分のことをもっと知りたいと言うあきら。
近藤は抱えていたおもりから手を放せるかのような思いをし
あきらに感謝してましたね。

ありがとう、って。
これからどんなふうに二人に変化が訪れるのか楽しみです!

そして、今回は新キャラ登場!
思いがけない展開になってきます・・・

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

← 前回の話しを見てみる(恋雨39話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように40話あらすじ・ネタバレ

あきらはガーデンに向かって歩いていた。
ふと、何かに気付くあきら。
金木犀の匂いがしてきた。

  • ガーデンに着いたあきらは金木犀の匂いがしたことをユイに話している
  • ユイもいい匂いだよね~と言っている
  • 微笑んでいるあきらを近藤はぼんやり見つめていた
  • あきらは近藤の視線に気付く
  • 急に『ドキッ』っとしてしまう近藤はハンバーグの鉄板でヤケドをする
  • 大丈夫だと言うが、親指はかなり赤くなっている

あきら:「店長、指出してください」

  • あきらはポッケからカットバンを出して近藤の親指に貼った
  • ムキ彦の柄のカットバンだ
  • 礼を言う近藤に、あきらは少し嬉しそうにする
  • 作りなおした和風ハンバーグセットを早く持っていけと厨房から大塚が言う
  • あきらは自分が持って行くといい、フロアに出る

あきら:「お待たせいたしました。和風ハンバーグセットでございます」

  • そう言い、テーブルに置くあきらは客の視線に気付く
  • 客は女子高生のようで、あきらをじっと見つめている
  • ネームプレートの『橘』の文字を確認する女子高生

あきら:「ごゆっくりどうぞ」
女子高生:「橘先輩?」

  • 立ち止まって振り返るあきら

女子高生:「やっぱり!あの、あたし・・・倉田みずきっていいます!」
「南高陸上部の一年生です!」

倉田みずき:「橘先輩、最近ずっと記録会とかでお見かけしなくって・・・」
「こないだの予選会もいらっしゃらなかったし、ずっと気になってたんです!!」
「わ~~~すごい偶然!!やばいッツ!!」

倉田みずき:「でも・・・」
「橘先輩、こんなところで何してるんですか?」
「ここでバイトしてるんですか?」
「部活やってないんですか?」
「どうして・・・」

  • ユイと近藤は二人が話しているのが長いのでクレームかと心配する
  • 矢継ぎ早に質問するみずきに、あきらが言う

あきら:「ご、ごゆっくりどうぞ!」

  • 戻ったあきらを心配して近藤が声を掛ける

近藤:「大丈夫?クレームか何か?」
あきら:「い、いえ、全然大丈夫です!」
近藤:「そう?ならいいけど・・・ バンソーコーありがとうね」

  • 浮かない表情のあきらが心配になる近藤

近藤:「本当に大丈夫?」
あきら:「え・・・あっ、大丈夫ですっ!」

  • トイレチェックに行くと言ってその場を去るあきら
  • レジでは倉田みずきがお会計をしている
  • 接客しているあきらを見つめるみずき
  • バイトが終わり、あきらとユイが一緒に帰っていく
  • その様子を近藤が見ている
  • あきらが付けてくれたバンソウコウを見る近藤

ユイ:「あ!金木犀の香り!」
「季節がめぐるのって、あっという間だねーー」

  • あきらはうつむきながら歩いている

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように40話の考察・感想

それでは40話の考察と感想です。
今回は以下の2つについてお話ししてみたいと思います。

  • 倉田みずき登場
  • ガーデンに陸上関係者が!

倉田みずき登場

金木犀の香りがしているので、横浜周辺だと
9月の終わりから10月の初めころでしょうか。

何となくほんわかしたムードで始まった40話は
倉田みずきの登場で、一気に緊張が高まった感じがします。

倉田みずきは南高校の1年生と言うことで
あきらとは高校が違いますね。

でも、あきらの事を先輩と呼んでいるので
もしかすると中学時代の後輩なのかもしれません。

また、あきらは高校のエースだったので
他の高校の後輩が憧れていても不思議ではありませんし
顔も良く知っているでしょう。

あきらと偶然対面して、相手の表情やスチュエーションも考えずに
立て続けにまくし立てるように質問してくるところなど
余りデリカシーの無い女子なのかもしれません。

ま、憧れの先輩を目の前にして
テンションが上ってしまったのかもしれませんが。

それにしても、もう少し空気を読んで対応すべきだったでしょうが
若いから、まあ仕方ないですね。

喜屋武はるかほどではありませんが
ショートカットの茶髪系なので
あきらとは対比する側のキャラクターと考えて良さそうです。

が、
何となく、違うカテゴリーに括られるキャラかもしれないなぁ
とも思うんですよね。

ショートで茶髪だけど、巨乳ではなさそうだし。
少し影がありそうな感じもするし。

お会計の時、あきらを見るみずきの表情は
何か良からぬことを企んでいるかのようにも見え・・・

気の強そうな女の子だなって印象ですね。

物語の展開にどんな鍵を握っているのか。
40話にして突然登場してくるってのは
やはり何らかの意味を持っているでしょうね。

ガーデンに陸上関係者が!

はるかや陸上部のメンバーが
あきらのバイト先に行こう!って言い出した時
頑なに拒否したあきら。

ガーデンは近藤との大事な接点。
今のあきらにしてみたら聖域のようなもので
高校や陸上部の関係者には踏み込んでもらいたくない場所です。

吉澤は別ですよ。
彼は高校・陸上部とガーデンを結ぶ唯一の存在。
パイプ役的な役割を果たしているので、あきらも実は助かったりしていますよね。

なので吉澤は、ある意味別格なんです。

でも、今回突然の倉田みずきの訪問に
あきらの心は変調をきたします。

明らかに動揺していますし、何か良くないことが起きそうな
そんな感じが最後の表情から伺えます。

まとめ

これまでガーデンと陸上部は、全く別の世界でした。
しかし、倉田みずきの登場で2つの世界は繋がってしまいました。

高校は違えど、これであきらのバイト先は
陸上部のみんなやはるかにも届いてしまうでしょう。

はるかは近藤の存在を知ってはいますが
具体的な店が判明した事で、更にはるかと近藤が
接近戦になることが考えられます・・・

ん~ドロドロしないといいんだけどな。

と言う訳で40話が終わり、ここまでが6月10日(金)発売予定の
第5巻に収録されるということになりそうです・・・多分。

そして、なんと次回は5月23日(月)の26号で連載掲載の予定みたいです!
あれ?
そうすると、6月6日の28号も連載あるのかな?

もしかして5巻は42話まで入るのか!?

ちょっとまとまらなかったですが、物語の展開に加えて
5巻の内容もちょっと気になってしまいました。

ま、次回41話を見るとだいたい見通しがつくかと思います。
また楽しみにしながら2週間を過ごしましょう!

→ 次回、恋雨41話

恋雨39話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す