恋は雨上がりのように13話ネタバレ考察 ムカつく男、加瀬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ガーデンのアルバイト大学生の加瀬
店長の事が好きなことを知られてしまったあきら

口止めと引き換えに加瀬とデートすることに。

待ち合わせ場所に現れたあきらの格好は・・・
帰り際、加瀬があきらにまさかの・・・

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

前回の話しを確認する(第12話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように13話あらすじ・ネタバレ

映画館のチケット売り場の様子

「映画、面白かったね」
「これ?お酒だよ。飲んでみる?」

加瀬にうながされお酒に酔うあきら。
そして服を脱がされシーツを握りしめる。

「お酒もエッチも初めてだったんだね」

と、待ち合わせの場所で加瀬が妄想していると
約束通りあきらがやってきた。

  • 「加瀬さん。」あきらが声をかける
  • まったく色気のないコンビニに行くような格好で来たあきら
  • 二人は映画館に行く。タイトルは『アイ ワズア ヒーロー
  • どうやらゾンビもののようだ
  • 怖かったら手を握ってもいいよと加瀬が言う
  • あきらは無言でパンフレットを読む
  • 映画を見る二人
  • あきらは全く表情を変えない
  • 映画が終わり、もう帰るとあきらが言う
  • おかなとか空いてない?と加瀬が言う
  • が夕食の準備をしているのでと断るあきら
  • チケット代とパンレット代を差し出す
  • あきらは憮然とした表情を続ける
  • 加瀬はデートなんだからと強引にあきらの手をひく
  • 喫茶店に入る二人
  • 会話が無かったが加瀬が切り出す
  • 陸上部なんでしょ?
  • 陸上部だったんです
  • かなり速かったらしいね。吉澤くんが言ってたよ
  • もう終わったことです
  • 他愛のない会話から加瀬が本題に切り込む

「夢中になってたものがある日突然なくなるって
どんな感じなの?」

「当時は落ち込みましたけど、今は平気です」

「バイト楽しいし・・・ 店長もいるし?」

  • あきらは咄嗟に顔を上げて加瀬を見る
  • 今日初めて目が合ったと加瀬が言う
  • 約束通りデートしたから黙っててもらえますよねとあきらが言う

「つまり楽しかった陸上がダメになって
今は恋を楽しんでるんだ?」

「でもその相手が45歳のおっさんって・・・」

「キモくね?」

  • あきらは目を見開き「帰ります」と席を立つ
  • レジに言って会計をすまして店を出る
  • 金なんて出さなくていいからと加瀬が追いかけてくる
  • 電話をしようと携帯を持った手を加瀬がつかむ
  • あきらは加瀬を睨みつける
  • 「はなしてください!」
  • その時携帯に着信がある
  • 加瀬が携帯の画面を見ると相手は店長だった
  • 「出たい?」
  • からかうように加瀬が笑顔で言う
  • あきらは力づくで加瀬の手を振り切る
  • 非常階段の出入り口で電話に出る
  • 近藤からだった
  • デートの件で、行きたいところなんかあるかと聞いてきた
  • 店長の行きたい所に行きたいと答える
  • じゃあ、何か考えておくねと言って電話を切る
  • ガーデンの事務所の外から電話してた近藤は
  • 突然久保さんに呼ばれビックリする
  • 電話が終わると嬉しさのあまりあきらは足をジタバタする
  • 振り返ると加瀬が立っている
  • 「そんなに好きなんだ」と言いながらあきらの方に近寄ってくる

「君と店長はうまくいかない。絶対に。」
「いじわるで言ってるんじゃないよ」
「もっと健全な恋をしましょうっていうアドヴァイス」

  • そう言うとあきらの左頬にキスをした

「今日のデートはこれで終わりにしたげる」
「続きはまた今度ね」
「俺のカンは当たるよ」

  • そう言って加瀬は去っていく
  • あきらは左の頬を必死にこすっている

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように13話の考察・感想

それでは13話の考察と感想です。
今回は以下の1つについてお話ししてみたいと思います。

  • とにかく憎らしい加瀬
  • あきらの細やかな抵抗

とにかく憎らしい加瀬

ほんとムカつきますね、加瀬!
もう読んでいて、気分悪くって悪くって(^^ゞ

まあ、こう言う話しがあってこそ盛り上がるのかもしれないけど
この憎らしい男はいったい何だんだ!と。

人の弱みにつけ込んで、自分の意のままに操ろうとする。
相手の気持ちなど考えずに、思っていることをズケズケと言う。

終いにはアドヴァイスだとか言って
あきらにキスまでしてしまうと言う・・・

カッコつけてんじゃねーよ(●`ε´●)

あっ!すみません。
取り乱しました。。。

秘密を知られているので、今後の物語の展開では
この加瀬と言う男はある程度の鍵を握りそうですね。

それがあきらに対してプラスに働いてくれたらいいのですが
現時点では、何だかそんな感じはしませんね。

もう、なんかドキドキしながらムカついたんで
疲れてしまいましたよ(^^ゞ

あきらの細やかな抵抗

そんなムカついた13話だったワケですが、
ちょっとだけザマアみろと思ったシーンがありました。

それは、あきらの格好です^^

加瀬曰く、コンビニに行くようなかっこだな・・・と。
履物だってビーチサンダルみたいなのだし。

学校から一度家に帰って来たんだよね?と加瀬が
思わず確認してしまうと言う(苦笑)

あきら、細やかな抵抗を見せてくれて
ほんとにありがとう^^

→ 次回、第14話へ

第12話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す