恋は雨上がりのように27話ネタバレ感想 今は友達でも、いつかきっと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あきら近藤に抱かれることを想像します。
17歳の健康な女子高生らしい妄想です。

しかし、やはり友達と言われたことが引っかかります。
どうして友達なのか。
友達とはいったいどういう意味なのか。

そう言った疑問はMahoo!相談広場に投稿してみたら
解決するかもしれない!

そう思っていたら、ユイちゃんが何と・・・!

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

← 前回の話しを確認する(第26話)

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように27話あらすじ・ネタバレ

考える人のイメージ

ガーデンの1日が始まっています。
オーダーした料理が出来上がってテーブルに運ぶとき
近藤とあきらは自分が行くとお互いに動き出しますが
近藤自ら接客すると言い出します。

「なぜなら俺と橘さんは、友達だからね!」

  • 満面の笑みを浮かべながら料理を運ぶ近藤
  • 友達じゃなくって店長だからでしょと久保さんに突っ込まれても
  • 友達押しで貫き通そうと言う魂胆のよう
  • そんな近藤の態度が気に入らないあきらはMahoo!相談広場に投稿する

好きな人に抱きしめられたのですが、私たちは「友達」だと言われました。
これって、どういうことなのでしょうか?

<ガマカツさんの回答>
それは・・・
遠回しにふられたのでは?

<愛の黒帯さんの回答>
相手は外国の方ですか?
友達同士でハグする文化は確かにあります。

  • 回答をみても参考にならないなと感じるあきら
  • ユイがグアムのお土産を持ってきてくれる
  • あきらをイメージしてブルーのアンクレットだった
  • そこへ吉澤がやってきて前髪が伸びたから切って欲しいとユイに告げる
  • ユイはあきらに「吉澤くんて友達だよね?」とあきらに尋ねる
  • あきらは友達ではなく知り合いだと言う
  • ユイは吉澤に好意を持っていることをあきらに告げる
  • もっと仲良くなりたいと思っていると言うと、あきらが言う

「なれるよ。接点が増えたり、お互いのこと知る機会がいっぱいあれば」
「友達から恋愛に変わることだって、あると思う・・・」

  • そうユイに言ってきかせる
  • ユイもそれに同意している
  • 二人は内緒の話しだと指切りをする
  • ユイが事務所を出て行くと、あきらは自己解決したと
  • 自身でベストアンサーとする
  • バイトの帰り、あきらは近藤にメルアドを教えてもらう
  • 嬉しそうにガーデンを後にする
  • 途中、少し大きな水たまりをジャンプして飛び越えようとする

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように27話の考察・感想

それでは27話の考察と感想です。
今回は以下の2つについてお話ししてみたいと思います。

  • 逃げようとする近藤
  • ポジティブ思考で積極的になるあきら

逃げようとする近藤

近藤は『友達』と言って、あの場を切り抜けた自分に
随分満足しているようですね。

あきらをそんなに傷つけることもなく
ベストアンサーであったかのように、自身の回答に
酔いしれている感じがします。

そして、あわよくばこのまま友達のままで切り抜けようと
密かに考えていると思われます。

初めてあきらと横浜でデートした時のように
これで終わりにしようと企んでいるみたいです。

しかし、その思惑はやはり外れてしまうことになりそうです。

ポジティブ思考で積極的になるあきら

あきらはユイの話しをキッカケに
自らプラス思考に働きかけ、友達になったことを
いい方向に持って行こうとします。

ポジティブ・シンキングです!

「今は友達でも、いつかきっと・・・」と思いながら
水たまりをジャンプしていきます。

これはちょっと意外でした。
あきらがこんなふうに自己解決できるなんて!
しかも自分にプラスになる方向に物事を捉えて前向きになってます。

成長してますね、確実に。

近藤はあきらの事をまだ子供だとも思っています。
まあ、もちろん見た目や体は別としても・・・

でも、このままだとあきらはどんどん大人の思考を学んで
近藤が想像もしていない大人なあきらに変身して行きそうです!

何だかちょっと楽しみなような・・・
まだまだ、そんなに成長しないで欲しいような・・・

複雑な心境です。
一回り大きくなったあきらが見られました!

→ 次回、第28話へ

第26話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す