恋は雨上がりのように53話ネタバレ感想 耳が風の音でいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スポンサーリンク


なかなか話しが進展せずに
少しだけイライラが募ってきて
悶々としながら過ごした2週間。

待ちに待った週スピの発売!

52話では近藤の誕生日がようやく判明して
恋雨ではこれまで触れられなかった
登場人物の誕生日がわかりましたね。

53話では、またあの娘が出てきますよ!

さて、これから先はネタバレ満載となっていますので
まだ本編を読んでない方は先に本を読んでみてください。

前回の話しを見てみる(恋雨52話)
恋雨無料立ち読み【3/23まで】

恋は雨上がりのように53話あらすじ・ネタバレ

喜屋武はるかが風見沢高校
女子陸上部の新キャプテンになった。

今日は南高校との合同練習。
南高校の新キャプテン柿田と挨拶していると
1年の倉田みずきがはるかのところに。

橘先輩はいないのかと尋ねる倉田みずき。
陸上はやめたのかと聞く。

はるかは、あきらがみずきと会ったと言ってたのを
思い出す。

はるかが返答に困っていると
後ろから石井がやめるとは言ってないと言い出す。

じゃあどうして来てないんだ、とみずきが
言おうとした時、はるかの弟、翔太が声をかけてくる。

翔太はどうやら家の鍵を忘れて
姉のところにもらいに来たようだ。

姉の背後に倉田みずきがいることに気付いた翔太。
陸上部だったのかと納得しながら、あきらの事を
あきらちゃんとちゃん付けで話すと、みずきがそれに反応する。

はるか

倉田さん、どこであきらと会ったの?

みずき

たまたま入ったファミレスで橘先輩がバイトしてたんです。

翔太

へー。どこのファミレス?

みずき

日吉の近くのガーデンっていう所。

 

南高の柿田が練習を始めると言ってくる。
はるかは石井に走ってきなよと促す。
合同練習が始まった。

周りで見ている部員達は
みずきの速さに驚いている。
あきらとどっちが速いかって話しで盛り上がっている。

そして練習が終わると
顧問の先生がご飯をおごってやるといい
風見沢高校のメンバーが歓声をあげる。

一同はパーミヤンと言う中華レストランに。
みんながいろんな中華を注文している。

はるかの隣に座った石井が話しかける。

石井

倉田さん、調子よさそうでしたね。

はるか

彼女もあきらと同じアキレス腱のケガ
してたんだっけ。

石井

ケガの前は正直タイムも
パッとしない選手だったんですけど
復帰後ぐんぐん伸びてるんですよ。

石井が続ける。

石井

なんか、橘先輩がこのまま走らなくなっちゃうの
悔しいです・・・

なんて、余計なお世話ですよね。
橘先輩が走りたくないんだから
仕方ないし・・・

そう言うと石井はドリンクを取りに行く。
はるかは後で取りに行くと石井に答える。

”走りたくない・・・?”
”そんなはずない。だってあきらは、”
”あきらは・・・”

場面が変わり回想シーンに。
あきらもはるかも小学生のようだ。
走るあきらをはるかと翔太が追いかけている。

はるか

あきらぁ~~待ってぇ~~

すました顔であきらが振り向く。
はるかが息を切らしてはぁはぁ言っている。
そのずっと後ろを翔太が追いかけてくる。

はるか

も~~~~~
速いってばぁっ!

あきら

ごめん・・・

はるか

なんでいっつも
どんどん走っていっちゃうの!?

あきら

え、だって・・・
気持ちいいんだもん。

膝に手を当てていたはるかは
あきらを見上げた。

あきら

走ってると
耳が風の音でいっぱいになって
空にとけてるみたいになる。

あきらは空を仰ぎながら言う。

突拍子もない答えに
少しビックリするはるかだが
自分も走るの好きだからわかるけど・・・
と答えると、
あきらがはるかを見てニッコリ笑う。

後ろで翔太が転んでいて
泣きわめいている。

場面はガーデンに。
あきらがゴミ出しに行く。

事務所から外に出ると
風が吹いてきた。
木枯らしだろうか。

落ち葉が舞い散って行く。
あきらの長い髪も
風に吹かれていく。

あきらは両手を耳の後ろにかざし
風の音を聞いている。

「橘さーん!」
店内からあきらを呼ぶ声が。

あきら

はいっ。

風も、あきらを呼んでいるのか・・・

スポンサーリンク


恋は雨上がりのように53話の考察・感想

それでは53話の考察と感想です。
今回は以下の3つについてお話ししてみたいと思います。

  • 子供の頃のあきらがかわいい
  • 南高のグランドはタータントラック!
  • 翔太がなぜ出てくる

子供の頃のあきらがかわいい

小学校5年生くらいでしょうかね。
もうちょっと小さいのかな?

翔太がコケて泣いちゃうくらいなので
翔太が小1くらいだとすると
あきらとはるかは小3・・・

ん~
何年生くらいかわからないけど
あきら、かわいいんですけど!

なかなか笑った顔を見ることがないので
あんな屈託のない笑顔をみると
なんか癒やされる~

って、完全に父親モードになってしまい
ちょっとペースが狂ってしまうのであります、
はい。

南高のグランドはタータントラック!

風見沢高校の部員が
”南高タータンいいな~”
って話してました。

タータントラックのある学校って
結構凄い学校だなと。

中等部もあって陸上のグランドも
結構凄いのがあって
ってことは南高は私立だな。

モデルになった高校とか
あるのかな?
って、ちょっと気になってしまった。

翔太がなぜ出てくる

高校の陸上部の合同練習ってことで
まあそれはよくある話しだと思いますよ。

でも、そこにいきなり中等部の翔太が
現れるってのは・・・

眉月さんは翔太のキャラが好きなんですよね、確か。

中等部なんだからそんな不自然じゃ
ないかもしれないけど
何で翔太が出てくる?

それも家の鍵忘れたから
はるかにもらいに来ると言う理由・・・

ん~翔太のこと書きたかったんじゃね?

とも思うけど
その後、あきらがバイトしてるファミレスを
「どこのファミレス?」
とか聞いちゃったりして。

あのタイミングではるかだけだったら
そこまで聞き出せなかったかもしれないけど
翔太だったからこそ聞けたのかな、と。

ちょっと強引な感じはしたけど
結果オーライだな。

スポンサーリンク


まとめ

石井が結構話したよね~
って印象が何故か強く残ってしまった(^^ゞ

  • はるかは陸上部のキャプテンになった
  • あきらは子供の頃から足が速い

ここの所、あきら陸上復帰へ向けて
周りを固める話しが続いて
イライラがつのっていたところ、

更にまたイライラが・・・

話しが進まないじゃん!

初期のころの、何だかキュンキュンする
あの感覚がほとんど感じられないんだけど。

僕が何かを求め過ぎなの?
(近藤ふう)

近藤との恋の話しは
いったいどうなるの?

このペースだと7巻に収まる話しのうちは
ほとんど進展無さそうだなとか思って。

で、最後のページを見ると

”次号1号はお休みです。”
”2・3合併号から再開!!”

って書いてあって・・・

1号?
えっ?
年内はもうないの?
まだ11月だよ?

・・・1号って何!?

このままじゃ年越せないよ~

って心配でスピリッツのHP確認したら
1号は12月5日(月)発売だって!

ってことは2・3合併号は
12月19日ころかな?

ま、まだ年内にはもう1話くらいは読めそう。
でも、そうなると7巻の発売日が・・・

またちょっと考えて見なくてはだわさ。

→ 次回、恋雨54話

恋雨52話へ戻る

各話へはこちらかも行けます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す